誰だって所属欲を満たしたい?

MTI2MDc1MTY2ODY1MjY3MTY2

フェイスブックは11月18日、すでに同サービスの一部として利用されているグループ交流がより便利になる新アプリを発表した。

アプリを開くと、ユーザーが参加している全グループが表示される。そこからグループのページを開いたり、別のグループに移動したり、さらには新しいグループを作成することも可能である。また、自分のアクティビティの内容に沿っておすすめのグループを案内してくれる機能もあるのだ。

pic001

このフェイスブックの「Groups」アプリは、ユーザーが特定のグループと手軽に交流が図れることを目的としている。

これはモバイルデバイス上でのフェイスブックのメッセージ機能を切り離した単体アプリMessengerとは異なっている。ユーザーは引き続きフェイスブックの基本アプリ内でもグループ交流ができるようになっているのだ。

関連記事:なぜ「仕事用フェイスブック」の成功は難しいのか

フェイスブックのスポークスマンは、「Groupsはニュースフィードと深く統合し、フェイスブックにおける経験の中心となるものです」と述べた。そして「なかにはGroupsでニュースフィードを通した交流を好むユーザーたちが存在します。その交流にはメインアプリの使用が最も適しているのです」と続けた。

トップ画像提供:Joris Louwes

Richard Procter
[原文]