合同トライアウト 交通費や少ないテスト機会など選手には酷な条件

ざっくり言うと

  • プロ野球の合同トライアウトは、参加選手にとって過酷な条件が揃っている
  • 打者は5〜6打席、投手は打者4人と、限られた機会でのアピールが求められる
  • 交通費は自腹で、今年の開催地の静岡には親族に車で送ってもらった選手も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング