トヨタの世界初・量産化FCV(燃料電池自動車)「MIRAI」が抱える課題

ざっくり言うと

  • トヨタが発表した量産化FCV(燃料電池自動車)の抱える課題を、解説している
  • 水素ステーションの建設費用が1基あたり5〜6億円で、水素自体も高額
  • 車体価格も、補助金が支給されるが高級車「クラウン」並みとやや高め

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング