Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年11月20日から、スポーツカー「Fタイプ」の特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織圭エディション)」の注文を35台限定で受け付けている。メーカー希望小売価格は1046万〜1526万円。

シックな黒のインテリアにもオレンジのステッチ

オールアルミニウム製ボディーの「Fタイプ」2016年モデルをベースに、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤー・錦織圭選手とともに開発された。内外装のカラーや仕様は錦織選手とともに選定。ボディーカラーは、情熱的なメタリックペイント仕上げの「ファイヤーサンド(オレンジ)」とした。

主要パーツは、グロスブラックでまとめたブラックパックを適用。カーボンファイバー仕上げの20インチ ブレード鍛造アロイホイール、レッドブレーキキャリパーを装着する。インテリアでは、ボディーカラーの情熱的なイメージと対照的なジェット(黒)のプレミアムレザーのパケットスタイルパフォーマンスシートを採用しシックな印象としながらも、ファイヤーサンドのステッチを施し、内外装に統一感をもたせた。

また、左右のフェンダーのパワーベント下に「KEI NISHIKORI」バッジを、ダッシュボード左端に「KEI NISHIKORI EDITION」と、35台分の1台を表す「1/35」の文字が書かれたシルバープレートを、エンジンフードには「KEI NISHIKORI EDITION」「1/35」に加え、錦織選手のサインが描かれたシルバープレートをレイアウトし、特別なモデルであることを強調している。