タカタ製のエアバッグ問題 リコール対策での赤字額は

ざっくり言うと

  • エアバッグの欠陥問題をめぐり、タカタへの批判がアメリカで強まっている
  • 同社のシェアは約2割で世界2位だが、他社への切り替えが進む可能性がある
  • リコール対象が拡大すれば追加費用が生じ、訴訟費用の増加も懸念される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング