19日、中野のサブカルショップ「テクノブレイク」がTwitter上で、店内を無断撮影した自称YouTuber(ユーチュ−バー)の人物に怒りをぶつけた。

投稿によると、この人物は中野ブロードウェイにある店舗を訪れ、無許可で店内を撮影し始めたそうで、店側は「2度と来なくて構わないぞ?」とコメントしている。

YouTuberとは、動画投稿サイト「YouTube」に自作の動画を投稿することで収入を得ている人々のことだが、一部には無許可の動画撮影をして問題となるケースもあるようだ。











ある“YouTuber”は「守るべきマナー」を公開している。


【関連記事】
鈴木奈々、まんだらけの万引き犯「顔公開」に賛成 「顔を出しちゃっていいかなって思います。犯罪なので」
梅宮アンナの無断画像転載に作者が怒り「心に受けたこの傷と怨みは死んでも消えないわ」
フジテレビが無許可でイベントを撮影、ファンの反感を買う