ウォール・ストリート・ジャーナル、LINEに日・英二つのアカウントを開設しニュース提供―国際メディアでは初

写真拡大

 ウォール・ストリート・ジャーナル(以下、WSJ)は、LINE株式会社が運営する無料通話・無料メールアプリ『LINE』に日本語及び、英語による2つの公式アカウントを11月20日開設した。
LINEを通じて日本語でニュース提供を行うのは、国際メディアとしてはこれが初という。

【関連:「14106」「724106」―LINEを通じ再燃の兆し?『ポケベル用語』】

日本語版LINEアカウントの画面日本語版LINEアカウントの画面

 LINEユーザーはWSJのアカウントを友達登録することで、WSJのおすすめ記事をピックアップしたメッセージを受け取り、また、WSJ公式LINEアカウントのホームページより、記事に関するコメントも書き込めるようになる。

 WSJの電子版エディター、アダム・ナジュバーグ氏は「当社では、革新的な手法を活用しながら、読者との関係構築に取り組んでおり、この度、国際メディアとして初めて、英語に加え、日本語によるLINE公式アカウントを開設できたことを嬉しく思います。」とコメントしている。

 日本語版IDは@wsjjp、英語版IDは@WallStreetJournal。