一般的なクレジットカードの場合、利用金額に対して得られるポイントは0.5%。つまり年間10万円の利用があったとしても、500円分しか得にならない。このポイントをより多くもらうために、ポイントを多重取りできる方法を実践している。“ポイント多重取り”という言葉を聞くととても難しそうに感じるが、一旦、仕組みを作ってしまえば、後は普通に使っているだけで、ポイントがお得に貯まっていく。こんなオイシイ話を、やらないテはないんじゃない?

 まずポイント多重取りで重要になるのがプリペイドタイプの電子マネーだ。SuicaやPASMOnanacoWAON、楽天Edyがこのタイプ。これらの電子マネーをクレジットカードでチャージして、クレジットカードのポイントをもらうのが1つ目。そして店舗で電子マネーを使って、電子マネーのポイントをもらうのが2つ目。この1と2でうまくポイントをゲットできれば、ポイント二重取りの完成というワケだ。

 とはいえ世の中そんなに甘くはない。まず1つめの電子マネーのチャージポイントだが、どのカードを使ってもポイントが付くわけではない。そして2つ目の電子マネーのポイントも、加盟店で利用しないことには付かない。つまりよく利用する店舗で使える電子マネーは何か。その電子マネーのチャージポイントが付くクレカはどれかというのを見極めながら、自分にとって一番利用価値が高いクレカと電子マネーの組み合わせを探っていくのだ。

 すでに「面倒!」と思っている人がいるように思うので(笑)、ひとまず私が使っているものを紹介しよう。

 まず交通系はSuicaを利用している。Suicaの場合、JR東日本グループが発行する「ビューカード」でないとチャージポイントが付かないので、必然的にビューカードを選択することになる。おすすめはビックカメラで利用すると10%のポイント還元が得られる『ビックカメラSuicaカード』。もしくはルミネでのショッピングがいつでも5%オフになる『ルミネカード』だ。

003rensai-01
モバイルSuicaと『ビックカメラSuicaカード』を組み合わせて使用。Suicaとビューカードの話は連載「モバイルSuicaとビューカードのアツイ関係」にも書いているのでご参考に

 ビューカードではSuicaを1000円チャージするごとに15円分のポイントが貯まるので、1.5%のポイント還元率になる。この数字は通常のクレジットカードの実に3倍! ビューカードでSuicaをチャージするだけで、ポイント多重取りの効果がある。だから2つ目の電子マネーのポイントは大目に見ている。というのは、Suicaを利用してポイントが貯まるのは、「Suicaポイントクラブ」の加盟店のみで、主にJR東日本エリアの駅ナカのお店に限られているからだ。徐々に街ナカにも広がっているが、まだまだその数は少ない。

DSC_1492<
「Suicaポイントクラブ」の加盟店は黄色の背景にペンギンのマークが目印

 ここでよくSuicaを利用している人なら、「えっ?Suicaっていろんなところで使えて便利だけど?」と疑問を持つことだろう。確かにたいていのコンビニで使えるし、最近では街の飲食店でも使えるところも増えてきた。でもそれらは「Suicaポイントクラブ」の加盟店ではない。つまりポイントは付いていないということ。これが先ほど、「電子マネーのポイントは大目に見ている」と言った理由だ。

 たとえSuicaのポイントは付かなくても、Suicaで支払うとビューカードのポイントが1.5%も付く。それだけでいいじゃないか。“二兎を追わなくても一兎充分”といった心境だ。ただ出張に行く時はJR東京駅の「エキュート」で、お弁当や手土産を買うようにしている。ここは全てが「Suicaポイントクラブ」の加盟店。どの店にしようか悩まなくても、買い物した分だけ100円に付き1ポイントのSuicaポイントが付いてくる。

 コンビニではセブン-イレブンをよく利用しているのでnanacoを利用。nanacoのお家元と言えばセブン&アイホールディングスなので、当然、セブン&アイが発行しているクレカ『セブンカード・プラス』ならnanacoのチャージポイントが付くと思いきや、これが付かない……。チャージポイントが付くクレカには、『リクルートカードJCB』や『SoftBankカード』、『KANPO STYLE CLUB CARD』、『Orico Card JCB』などがある。

 これらの中でポイント還元率が1.75%と高い『KANPO STYLE CLUB CARD』を、nanacoと組み合わせている。nanacoチャージで1.75%、nanacoの利用で1%のポイントが付いて合計2.75%になるので、他のコンビニを利用するよりはるかにお得だ。しかもセブン-イレブンでは公共料金やネット通販の支払いにも、ポイントは付かないもののnanacoが利用できる。通常は現金でしか支払えないのに、nanacoを使うとクレジットカードのポイントが付けられるところが魅力。

003rensai-02
nanacoモバイルと『KANPO STYLE CLUB CARD』を組み合わせて使用

 インターネット接続料やコピーのリース料、クレカ決済できないネット通販の代金など、何かとコンビニで支払うものは出てくる。先月などは14000円をnanacoで支払い、700円分のポイント(Jデポの場合=クレカの利用代金から値引き)を獲得できているので、これもまた“二兎を追わなくても一兎充分”のパターンだ。

 クレカと電子マネーの組み合わせ方で、ポイントを多く獲得できたり、二重取りできたり。この組み合わせさえちゃんとやっておけば、後は普通に利用するだけで得できるということ。思ったよりラクじゃない?

 PASMOWAON、楽天Edyについては、次回、おすすめのクレカを紹介するのでお楽しみに♪

文/綿谷禎子