2014年11月21日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場している中国IT企業、人人公司が2014年第3四半期(7月―9月)の経営報告を発表した。
 人人公司は、中国最大手ソーシャル・ネットワークサービス「人人網」を運営している企業である。
 
 報告によると、人人網2014年9月の登録者数は、2013年同期より600万人減少し、4400万人にとどまった。

 人人2014年第3四半期の営業収入は、2013年同期と比較して47.4%減少し、2160万ドルにとどまった。
 第3四半期粗利は、前年同期比で77%の大幅減少を示し、550万ドルとなった。第3四半期の純欠損は3810万ドルにまで拡大している。

(China Press 2014:IT)