衆議院解散、事実上の選挙戦突入→初のネット選挙で注目が集まるなか万歳直後に公式サイト陥落

写真拡大

 衆議院は11月21日、13時から行われた本会議で、伊吹衆議院議長が解散詔書を読み上げ解散を宣言した。これで事実上の選挙戦に突入したことになる。なお、今選挙では、インターネットを使った選挙運動が行える『ネット選挙』が、衆議院総選挙で初めて行われることにも注目が集まっている。

【関連:ネット選挙の利点と問題点は何だったのか】

 一方、解散詔書が読み上げられ、議員の万歳が起こった13時15分頃から、衆議院公式サイトはアクセス過多により、一時的に閲覧できない状態に。
この症状は約30分ほどで改善されたが、一部ネットユーザーからは早速「ネット選挙解禁なのにこれは……」という不安の声が上がっていた。

衆議院公式サイト