『罪の余白』より

写真拡大

2015年に全国で公開される映画『罪の余白』の追加キャストが発表された。

【もっと写真を見る】

同作は、『第3回野性時代フロンティア文学賞』を受賞した芦沢央の同名小説をもとにした作品。女子高でカリスマ的存在とされる咲に憧れる女子グループの1人・加奈が、学校のベランダから転落死したことをきっかけに、娘の死の真相を知ろうと奮闘する加奈の父・安藤と、安藤や大人たちの心理を操作しようと翻弄する咲の姿を描く。主人公の安藤を演じるのは内野聖陽。監督・脚本を、『Girl's Life』『スープ 生まれ変わりの物語』『FLARE フレア』などの作品で知られる大塚祐吉が手掛ける。

今回出演が明らかになったのは、咲を演じる吉本実憂。芸能界入りを目前に控え、友人を手下のように扱うダークヒロインという役どころだ。あわせて脇を固める俳優陣も判明。安藤と同じ大学で働く助教授で、娘を失った安藤の支えとなる教師役の谷村美月、咲が憧れる芸能界の大手プロダクションに勤めるマネージャー役の加藤雅也、安藤の同僚役の堀部圭亮、学部長役の利重剛、咲の同級生役の葵わかな、宇野愛海らがキャストに名を連ねている。

大塚監督は、吉本の起用について「何人かの素晴らしい十代の役者さんにお会いさせて頂いて、じっくり考えてから吉本さんに咲役をお願いしました。決め手になったのは、吉本さんの持つ強さと決して受け身にならない仕事に対する姿勢、それと長時間お話させて頂いた最後に『もし一緒に作品をやる事になったら、とことん二人で内野さんを追い込んでやろうね』と言った時、笑顔で『はい!』と答えていた事です」とコメント。

吉本は自身の役どころについて「かなり理解に苦しむ役です。本当に難しいです。彼女を演じることで何が私に残るか今はまだわかりませんが、今は演じきることに集中してやっています」と語っている。