『インターステラー』の世界は、現実に起こりうる?

写真拡大

クリストファー・ノーランの巨編SF映画が上映される。『インターステラー』の世界を「科学的」見る前に知っておくべきこと。

「地球の終わりは人類の終わりではない」。制作費1億6500万ドルをかけたクリストファー・ノーラン待望の映画、『インターステラー』のキャッチコピーを、信じるべきだろうか?

「『インターステラー』の世界は、現実に起こりうる?」の写真・リンク付きの記事はこちら

おそらく、その答えは当分、わからないままだろう。しかし、それを待つ間に、「New Scientist」は、この巨編映画の科学的バックグラウンドの調査を試みた

この映画は、世界で最も有名な理論物理学者の1人で、一般相対性理論の偉大な専門家、キップ・ソーンの監修という堅固な基礎の上に成り立っている。「彼の仕事は、わたしの脚本家としての活動よりもエキサイティングで重要でした」と、ノーラン自身もコメントした。

以下が、映画を観る前に知っておくと役に立つことのすべてだ。心配することはない。すべて(ほぼ)ネタバレなしだ。


TAG

Christopher NolanFilmInterstellarMovieSci-fiWIRED IT

食糧危機に対して

『インターステラー』は、それほど遠くない未来の地球を舞台にしている。食物の栽培(とりわけ小麦)が、世界中に急速に広まった病原菌によって壊滅させられる。これは例えば(より小規模だが)、アイルランドにおけるジャガイモ飢饉で実際に起きたことだ。また、いわゆる小麦サビ病のいち変種、UG99は、まさに小麦の栽培を脅かしている。

「New Scientist」によると、ノーランはいわゆるダストボウルからインスピレーションを得たようだ。これは、北アメリカで1930年代に起きた地表の乾燥現象だ。土が砂埃に変わって東に向かって吹き飛ばされ、耕作に回復不可能な損害を与え、より肥沃な土地を求めた何百万人もの人々の大規模移住を引き起こした。

地球外に住処は見つかるのか

映画では、人類は、この世の終わりのような飢饉を生きのびるために、新たな住処を探さなければならない。現実の世界では、地球が居住不可能とまではならないとしても、いつの日か、同じ問題を抱えるだろう。なぜなら、50億年のうちに太陽は膨張し始めて、地球を飲み込むからだ。このためわたしたちは、逃げざるをえない。

しかしどこへ? わたしたちはすでに以前から、居住可能な太陽系外惑星を探索している。そしてたくさんの潜在的な候補をすでに見つけた。問題は、それらが遠すぎることだ。わたしたちは、どうやってたどり着くかを答えを見つけ出さなければならない。

ここで登場してくるのが、ワームホール、あるいはこう呼ぶほうが好みなら、アインシュタイン-ローゼン・ブリッジ、だ。一種のトンネル(いまのところは、純粋に仮定的なものだ)で、空間と時間のさまざまな点を接続する。要するに、「近道」となるものだ。

少し前までは、ワームホールは大胆すぎるいく人かの理論物理学者の思索の産物以上のものではないように思われた。現在、事態は変わった。この「近道」を作り出すためのモデルを提案した科学者たちがいる。もっとも、まだただの考察に過ぎないが、ひょっとしたら、ずっと先に彼らは本当に成功するかもしれない。『インターステラー』では、1つ見つけることができた。残念なのは、「近道」の出口に、宇宙船エンデュランス号の乗員たちを待ち受ける大きなブラックホールがあることだ。

科学が教えているとおりに、映画のブラックホールの中心には、いわゆる特異点がある。質量が無限となる点だ。非常に強い重力を生み出す点で、物質をその内部に引き寄せ、降着円盤と呼ばれる渦をつくり出す。

現実では、ブラックホールのこれほど近くにいたら何が起こるだろうか? 誰にもわからない。しかし、楽しい経験ではないだろうことはたしかだ。

TAG

Christopher NolanFilmInterstellarMovieSci-fiWIRED IT