マイナビは12月11日(木)、パレスサイドビル 東コア2F マイナビルームT(東京都千代田区)において、マイナビニュース「ビッグデータセミナー」を開催する。参加費は無料。同セミナーの基調講演には、フェンシング男子フルーレナショナルチームのアナリストとして活躍した日本スポーツアナリスト協会理事の千葉洋平氏が登壇する。

今回のセミナーでは、経営視点も盛り込みながら、IT担当者の現場が実践できる、戦略的なコストマネジメントについて紐解く内容となっている。

基調講演には、「フェンシングナショナルチームへのIT活用事例」一般社団法人日本スポーツアナリスト協会 理事である千葉洋平氏を招聘。日本スポーツ振興センターマルチサポート事業パフォーマンス分析スタッフ(男子フルーレ)も努める千葉氏がアナリストとして行う、世界で闘うためのデータ分析・解析およびIT活用について、具体的な事例を交えて紹介される。

その他にも、「オープンソースデータベースの活用で攻めの経営! 〜OSS-DBで定評のあるPostgreSQLへのマイグレーション手法〜」と題して、SRA OSS Inc.日本支社マーケティング部部長である稲葉香理氏により、オープンソース製品であり、Oracleとの高い親和性を持つPostgreSQLによって、現行のDB運用コストを激減させる方法が紹介される。

また、「データベースにおける新たな選択肢のご提案 〜次世代データベース管理システム"Tibero RDBMSのご紹介"〜」と題して、日本ティーマックスソフト株式会社 営業本部 担当部長である山口信成氏により、Oracleをモチーフとしたデータベースに必要な機能及び移行ツールを備え、ライセンスのトータルコストを大幅削減を実現する製品である「Tibero」について、その概要をご紹介するとともに、新たな選択肢として加える事で可能になる企業内システムにおけるベンダーロックインからの脱却についての講演を予定している。

さらに、「情報を活かす新規投資案」と題して、株式会社AIT ソリューション営業本部 アライアンス営業部 担当部長である中村寛彰氏により、IT管理部門がこれから進んでいく方向を踏まえた、具体的な各種ソリューションが紹介される予定だ。

同セミナーの詳細は以下の通りとなっている。

・タイトル:ビッグデータ競争社会の到来! 経営に役立つ戦略的予測分析とは?・開催日程:2014年12月11日(木) 14:40(開場 14:00)〜17:20・定員:50名・申し込み締切日:2014年12月10日(水) 18:00・参加費:無料・開催会場:パレスサイドビル 東コア2F マイナビルームT〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1・主催:株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局・協賛:株式会社AIT