19日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)で、とあるステーキ店の店主が、高倉健さんと、SMAP草なぎ剛の交友関係が垣間見えるエピソードを語った。

番組では、10日に亡くなった高倉さんの追悼特集で、高倉さんの活躍を年表で振り返った。そして、高倉さんとゆかりのある人物が登場し、高倉さんにまつわる“知られざる”エピソードを語った。

高倉さんが生前行きつけだったという石川県金沢市にあるステーキ店「ひよこ」の店主・林肇さんは、本当に肉が好きな人だったと回顧した。1978年の主演作「野生の証明」撮影時には、4〜5回続けて店に来てくれたという。

高倉さんは今から3年前にも店を訪れ、出されたステーキに舌鼓を打ち「食ったー」と満足そうな様子をみせたという。さらに、ステーキをお土産として持ち帰ったという高倉さんは「SMAPの草なぎくんと夜一緒に食べる」と、草なぎとの交友を語ったそうだ。

【関連記事】
爆笑問題・田中裕二、高倉健さん追悼映像への違和感を語る「圧倒的に多いのはヤクザもの」
草なぎ剛が「27時間TV」で中居正広が消えた際のとっさの対応を振り返る
SMAP草なぎ剛が悩みを告白 「僕は人を愛すことができません」