亀田姫月オフィシャルブログより

写真拡大

 プロボクシング・亀田三兄弟の妹で、タレントの亀田姫月(15歳/ひめき)の容姿が「激変している」と話題だ。

 幼少時代から兄らと共に、たびたびメディアに出演していた姫月は、2010年に父・史郎が社長を務める亀田プロモーションと業務提携していたサラエンターテイメント(現パワーピット)に所属。ギャル系ファッション誌「EDGE STYLE」(双葉社/現在は休刊)創刊号でモデルデビューを果たし、大きな話題となった。

 その後、いくつかの商品PRイベントにタレントらと登壇したが、翌年、亀田プロモーションとサラエンターテイメントの業務提携が解除され、姫月も退所。以降、アメブロの芸能人ブログ「ひめの毎日」の更新以外に、目立ったタレント活動はない。

himeki-mae1120.JPG
イメチェン前の姫月(左)。

「今年初頭、かねてから『夢はAKB48に入ること』と語っていた姫月が、ついにNMB48に加入するのではないかというウワサが流れました。原因は、彼女が『AKB48 Team8オーディション』に合わせるように、東京から大阪に引っ越すことをブログで報告したため。同オーディションを足掛かりに、NMB48に入る計画が水面下で進んでいるとの臆測が広がりました」(芸能ライター)

 そんな姫月の顔が激変したのは、「AKB48 Team8オーディション」の合格者が発表され、NMB48入りのウワサも下火となった今年4月。それまで「三男の和毅にそっくり」と言われ、素朴なかわいさが印象的だった彼女が、ギャル風メイクで変貌を遂げた。

「NMB48入りの計画があったかどうかは分かりませんが、ギャル風にイメチェンしたということは、アイドルになる夢を諦めたということかもしれません。現在、彼女のマネジメントは亀田プロモーションが受け持っていますが、周囲のゴタゴタもあって、芸能活動はなかなか難しいようです」(同)

 最新のブログでは、「めーっちゃ可愛くなりたい」と綴っている姫月。本当に、夢を諦めてしまったのだろうか?