ムラカミカイエの「Rethink Fashion」:ファッションの未来を読み解く3つのヒント

写真拡大

テクノロジーによってファッションを前進させることが自らの役割だと、SIMONE INC.のムラカミカイエは言う。そこでは一体、どんな変化が起きていくのだろうか。ファッションとデジタルの境界で挑戦を続けてきたムラカミが、「Rethink Fashion」をテーマにファッションの未来について語った。

「ムラカミカイエの「Rethink Fashion」:ファッションの未来を読み解く3つのヒント」の写真・リンク付きの記事はこちら

ムラカミカイエKAIE MURAKAMI
SIMONE INC.代表 / アートディレクター / クリエイティヴディレクター。ファッション・ビューティ分野に特化し、デジタル施策を軸とするブランディングカンパニー「SIMONE INC.」を、2003年に設立。かつてはファッションデザイナーの三宅一生に師事していた。

ファッションが、デジタルテクノロジーによって変化を遂げつつある。

『WIRED』VOL.13で特集したように、アナログで非効率的だったファッション業界はいま、テクノロジーによってより楽しく、より自由に進化している。言い換えればそれは、テクノロジーによってファッションが再定義されていると表現することもできるだろう。

生活をとりまくあらゆるものを再定義していくことをコンセプトに活動する「Rethink_Project」とWIREDがコラボレーションし、「Rethink Fashion」をテーマにしたトークイヴェントを行った。

ゲストはSIMONE INC.のムラカミカイエ。「テクノロジーの力でファッションを前進させる」というヴィジョンのもとに独立し、ウェブや映像といったさまざまなメディアを通してファッションカルチャーを伝えてきた人物だ。

ファッションとデジタルの境界で挑戦を続けてきたムラカミは、その未来をどのように描いているのだろうか。ムラカミと『WIRED』日本版 編集長 若林恵が語った、ファッションの未来を読み解く3つのヒントを紹介する。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN

2/5会場になったHOTEL EMANON(ホテル エマノン)。本物のホテルのような内装がほどこされている。

3/5

4/5トークセッション後にもうけられた質疑応答では、参加者からの質疑がたえなかった。

5/5参加者からの質問に答えるムラカミ。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN

メモをとるなど、熱心に聞き入る参加者たち。

会場になったHOTEL EMANON(ホテル エマノン)。本物のホテルのような内装がほどこされている。

トークセッション後にもうけられた質疑応答では、参加者からの質疑がたえなかった。

参加者からの質問に答えるムラカミ。

1.テクノロジーがファッション本来の姿を取り戻す

テクノロジーの力でファッションを前進させるとは、具体的に何を意味するのだろう。ムラカミは、ファッションの本来あるべき姿を取り戻すことだと言う。

「ファッション業界って、すごく華やかな世界に見えて、アナログで非システマティックなんですよね。ジャケット1個つくるのに、生地屋さん、糸屋さん、ボタン屋さんといろんなところを経由して、中間コストも労働力もすごくかかる。本来だったら、もっとクリエイティヴにお金をかけなきゃいけない業種なのに、限られた資源のなかでクリエイティヴに使うお金がない。テクノロジーによって合理化できるところは合理化していきながら、もっとクリエイティヴに資本投下していく。そういう本来あるべき姿を取り戻していくというのが僕らの役割だと思っていますね」

デジタル化によって人間の仕事を奪うことにならないか、という若林の質問に、「職を失うというよりも、より自分の適性が合う仕事を見つけるきっかけになると思っている」とムラカミは答えた。効率化は役割分担を促し、より多くの人にチャンスを分配することにつながるという。

「人材が流動化するのは絶対にいいことで、自分が得意なことをいかせる場所に動いていくことで、それまでとは違う輝きを見出せる可能性がある。最終的には、新しい洋服をつくりたいと思っている人たちに門戸を開くことにもなります」

2.変化はすでに起きている、起こっていく

デジタル化によるファッションの変化はすでに起きている。例えばSNSの登場が、ファッションの表現を変えているとムラカミは話す。

「あるコートを買って、友達に見せることで得られる情報量と、SNS上に写真を載せていいね!が押される情報量って違うと思うんです。最近流行っているファッションは、グラフィックやビッグシルエットなど2D化したものが多いんですけど、それはSNSで写真映えするからですよね。つまり、誰に向けたファッションなのかというところで変化が起きていて、自分だけの満足感とは切り離された表現が極端に出てきている。それを嫌うひとつの兆候としてノームコアというものがあって。いまはその極端な2つのカルチャーのなかで、次のファッションを考えようというタイミングだと思いますね」

さらにムラカミは、これからのファッションを変えていくテクノロジーとして、3Dプリンターとウェアラブルテクノロジーを挙げた。

「3Dプリンターは、間違いなくファッションに必要になってくるでしょう。そして、ファッション産業の構造自体を変えていくと思います。例えば、これからはデザイナーが洋服ではなく、3Dのキャプチャリングデータを売る時代になるかもしれない。データを買って、服は自分のプリンターから出力するというのは、遅かれ早かれ出てくるんじゃないでしょうか。ウェアラブルは、腕時計でもメガネでもなく、肌着から来ると思いますね。人間には、ほかの人と違うものを着たいという根源的な欲求があるので、変化は肌に近いところから来て、最後に外装に近くなる。機能がその欲求を上回る瞬間というのは、もうそれがないと生きていけないっていうほどの機能が出てきたときだと思います」

3.「楽しい」を最大化させる

テクノロジーによって一人ひとりのユーザーが力を持ち始めたいま、「表現としてのトレンドはない」とムラカミは言う。しかしどんなにファッションが変わっても、昔から変わらない感覚もそこにはある。

「ファッションの文脈化については限界が来てると思っているんですけど、『ファッションって楽しいよね』という感覚はいつまでも残ると思うんです。その楽しさは生活にダイレクトに影響するものだし、そういう場所はちゃんと残しておかなきゃいけない。そういう場所を残していくためにテクノロジーを使っていくべきだと思います。ファッションを前進させるためには、『ファッションって楽しいよね』という感覚値を、どこまでマキシマイズさせられるかが重要ですから」

若林はその「楽しさ」についてファッション業界の貴族主義を指摘しつつも、これからのブランドのあるべき姿をこう語った。

「既存のファッション業界は『これが楽しいんです、今年の春夏は』みたいなことを言ってくる。でも世の中の多くのユーザーが、『いや、それ決めるのおれだから』っていう立場になってるじゃないですか。それはほかの分野でも同じだと思うんですけど、ファッション業界だけがそのズレをわかってないという気はしていて。おそらくその『それはおれが決めるから』と思っている、より力を持ち始めたユーザーと、いかに一緒に楽しむかが重要だという気はするんですよね」

雑誌『WIRED』VOL.13
Amazonで購入する>>

最もアナログな業界と言われてきたファッションの世界に、デジタルテクノロジーがもたらされたとき、いったい何が起こるのか。未来のイノヴェイターたちや、スタートアップ・デザイナーのブランド論、7つのケーススタディからその未来を探る。そのほか、ゲリラ豪雨などの異常気象に迫った「おかしな天気」や墨田区の“FABタウン”計画、シェアリング・エコノミーと新しい「信頼」のかたち、tofubeatsの特別寄稿など盛りだくさんの一冊。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN

1/5参加者が手に取っているのが、サンフランシスコのスタートアップが開発した喫煙具「Ploom」。

2/5盛況だった懇親会。

3/5懇親会のケータリング

4/5参加者たちと懇談するムラカミ。

5/5

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN

参加者が手に取っているのが、サンフランシスコのスタートアップが開発した喫煙具「Ploom」。

盛況だった懇親会。

懇親会のケータリング

参加者たちと懇談するムラカミ。

境界を超える、歴史に学ぶ

イヴェント中にはムラカミと若林が、本イヴェントのサポーターであるサンフランシスコのスタートアップ「Ploom」が開発する同名の喫煙具を使用する場面もあった。

Ploomの設立者は、スタンフォード大学でデザインを学んでいたジェイムズ・モンセースとアダム・ボウエン。2人はタバコがかっこ悪いというイメージが社会に浸透するなか、タバコをRethinkすることで、この新たなヴェイパーで楽しむタバコのスタイルをつくったという。

変化のスピードが速いいまの時代、Rethinkしなければいけないものは身の回りにたくさんあるはずだ。ファッションやタバコに限らず、何かをRethinkするためにはどうすればいいのだろう。若林は、境界を超えることが大切だと言う。

「業界に入ってそれが当たり前になっていっちゃうと、そのなかでしか考えられないことが多いのかなと思います。業界のルールはあるんでしょうけど、ほかの世界のことを見てみるというのも重要だという気はしていて。『ファッションはこうなります』とか『タバコってこうなっていくよね』という大きい方向性もあるとは思うんですけど、別に結論はいまのところないじゃないですか。いまは非常に過渡期なので、いろんなことを考えられる時間なのかなと思うんですけどね」

対してムラカミは、歴史に学ぶことがポイントだと話した。

「ぼくはクライアントから相談があったときに、クライアントが用意する材料を1回全部バラバラにするんですよ。それから、それをすっごい遠くから眺める。で、いまの時代ってこうなりつつあるよねってことと照らし合わせて、もう1回パズルみたいに組み換えていくんです。その組み換えは、歴史で起こったことを見直すことでだいたい解決できるんですよ。ぼくは、いろんな時代や分野のものを横断しながら社会を観察することが大好きで、そういうところからいくらでも新しいロジックや考え方を構築できると思っています。こんなに概念が変わる時代に生きているのはすごくエキサイティングなことなので、おもしろい時代に生まれたなって思いますね」