写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エプソン 品川アクアスタジアム(東京都港区)が、2015年1月4日の営業をもって一時休館し、同年夏に全館リニューアルオープンすることがこのほど、明らかになった。

エプソン 品川アクアスタジアムは、2005年4月8日に品川プリンスホテル内に開業した水族館を中心とする複合屋内型エンターテインメント施設。総水量の約74%を自社で作る人工海水で運営し、また、客席数1,350席のイルカプールで行われるパフォーマンスが、都市型水族館のパイオニアとして話題となった。

そして、昨年末、品川エリアが国際戦略総合特区(アジアヘッドクォーター特区)に指定され、「これからの日本の成長をけん引する国際交流拠点」が街づくりの指針として掲げられたこのタイミングで、全館リニューアルが決定。"変貌ゆく品川"のエンターテインメントフラッグシップへと生まれ変わる。

目指すは、音・光・映像と生き物が融合した、新しい都市型エンターテインメント。既存の強みであるエンターテインメント性を生かしながら、映像技術の導入、水槽エリアの新設拡張をもって昼・夜の区別化を図った演出を凝らした新スタイルとなる。メインコンテンツの「イルカパフォーマンス」は、ウォーターカーテンやムービングライトなど、演出設備を強化してグレードアップする。

また、生き物と映像がテーマをもってリンクする新しい展示エリアをオープンし、新設のイルミネーションや音楽と連動するアトラクションも楽しめるようになる。さらに、爬虫(はちゅう)類や淡水魚など、同館初展示のジャングルゾーンと、アシカやオットセイのふれあい広場が誕生。スタイリッシュな癒やし空間を演出するカフェ&バーも新設する。