中野駅前暫定広場にて開催された「Re:animation(リアニメーション)6」の様子

写真拡大

アニメ×ダンスミュージックをテーマに、都内の屋外スペースを利用し開催している超都市型野外DJイベント「Re:animation(リアニメーション)」(通称:リアニ)。

「アニメもダンスミュージックも分け隔てなく大好きな人たちが集まって、ジャンルの壁を超えて楽しもう!」という趣旨のもと、2010年12月に新宿歌舞伎町・旧コマ劇場前広場で開催されて以来、多くのアニメファン・ダンスミュージックファンを熱狂の渦に巻き込んできた。

11月23日(日)には通算7回目となる開催を迎え、2015年3月には羽田空港でのコラボイベントも控えているなど、さらなる盛り上がりを見せようとしているリアニだが、一体どのようにして生まれ、現在の巨大イベントへと至ったのだろうか。

リアニの主催をつとめる「ちへ」こと杉本真之さんに取材を試み、これまでのリアニ、そしてこれからの目標などについてお話をうかがった。

後半は、これまで撮影してきた「Re:animation NEW YEAR PARTY 2014」や「Re:animation6」での、ステージやフロアの大熱狂の様子やコスプレイヤーさんスナップなどを一挙掲載!

(取材・文/鎌田篤)

すべては「エウレカ」のオフ会イベントから生まれた


──まず、この「Re:animation」というイベントを始めたきっかけからうかがえますか?

ちへ 僕は元々、mixiの『交響詩篇エウレカセブン』のファンコミュニティでオフ会をやっていたんですよ。「エウレカ」はクラブカルチャーをモチーフにしたガジェットが多く登場するアニメで、クラブを貸し切ってオフ会をやったら楽しいんじゃないの? という声をきっかけに始めたのが、「GEKKO NIGHT」という「エウレカ」ファンが集まるイベントでした。

2006年から5年間やっていたのですが、どんどん規模が大きくなっていって、500人規模の箱を借りてやったことがあったのですが、キャパオーバーでお客さんが300人ほどあふれちゃったんですね。イベントの運営的にもそろそろ厳しいかなということで、「GEKKO NIGHT」はそこで一区切りをつけたんです。

でも、せっかく集まったわけだし、また何かやりたいという話があった時に、そこに来ていた誰かが野外でイベントをやりたいとずっと言っていたんですね。それで場所を探していたところ、歌舞伎町に広場を見つけて、ここでやろうってなったのがリアニのきっかけです。

写真は公式サイトより



──はじめのうちは、リアニも「GEKKO NIGHT」からのお客さんが多かったのでしょうか?

ちへ だと思いますね。やっているメンバーも「GEKKO NIGHT」と同じメンバーで、「エウレカ」という作品に紐付いていたイベントからアニメ全般をフィーチャーしたイベントにしようと。さらに、元々テクノやハウスもよくかかるイベントだったので、そういったジャンルも楽しめる野外イベント、と打ち出したわけです。

あと僕らのバックボーンとして、「エウレカ」のオフ会をクラブでやりつつ、「コードギアス」のパブリックビューイングをするオフ会もずっと歌舞伎町でやっていた縁もあって。最初は「エウレカ」のファンと、その時の「コードギアス」オフ会に来ていた時の仲間が多分ほとんどだったんじゃないですかね。

手作りイベントから話題のフェスへ


写真は公式サイトより



──リアニへシフトチェンジした時、最初からある程度集客や収益を意識して、ちゃんとしたイベントとして運営していこうというイメージだったのでしょうか?

ちへ 最初は、まあそうなったらイベントも続けていけるかもな、ぐらいに思っていた感じですね。場所が取れちゃったので、とりあえずやろうぜということで全部持ち込みでやって、お金も当日カンパを募ってという感じだったので、さすがにここまでくるとは思わなかったですね。

1回目は30万か40万くらいでやったんですよ。PAも地元に機材を持っている友達がいなかったので、仙台のレイブをやっているお父ちゃんに一式担いできてもらったり、テントも全部街の商店街から借りたり、という感じでやっただけなんですね。

2回目も5、60万ぐらいでやって。どちらもおかげ様でそんなに大赤字にならなかったんですよ。しかも、2回目には歌舞伎町のあの広場に1300人集まったんですね。

──そこで、反響的にも手応えを感じ、イベントとしてリアニはいけるんじゃないかな、と感じたということですか?

ちへ いけるんじゃないかなというよりかは、そうしていかないと続かないなと気づきだしたんですよね。でも、さすがに行政から「もうちょっとちゃんとやったほうがいいんじゃないの?」と、うっすらとツッコミが入って。

それで、次は広場に加えて近くのライブハウスを押さえて、もうワンステージ増やすことで広場からあふれた人を収容する場所をつくることに決めて、その頭金を揃えるためにクラウドファンディングをやってみようとか、だんだんそういう方向にシフトしていきました。

写真は公式サイトより



──2回目にして、どのようにして1300人ものお客さんを集めたのですか?

ちへ 1回目をやった時にかなり話題になったんですね。Ustreamで中継したのが大きかったと思うんですけれど、TwitterとUstreamで強烈に拡散されて。何しろ歌舞伎町でやっていたので、Ustreamの配信を観た人が、イベントが終わるまでに来られるんですよ、無料だし。

中には、「歌舞伎町で馬鹿なことやってる奴らがいる、すげえ」って言って新幹線乗って静岡から来ましたっていう人もいて。これが山奥だったら無理ですけれど、それができちゃう環境だったので、人も広がったし話題にもなったことが大きかったと思います。

歌舞伎町での開催にあたって


──やはり新宿の歌舞伎町という立地は大きかったんですね。リアニを実現させるに至るまでに、歌舞伎町はどのように説得されたのですか?

ちへ 実は、歌舞伎町は説得していないんですよ。元々はもっとベタにやるつもりだったんですが、当時は野外イベントの騒音規制がすごく厳しくて、代々木公園も一時的にレイブ禁止になっていたり、潮風公園も対岸のマンションからクレームがあるということで月2回までって制限されていたり、ほかのところもデシベル制限が入っていたり。

写真は公式サイトより



それで困っていた時に、たまたまYouTubeで歌舞伎町の広場で六大学の応援合戦をやっているのを観たんですよ。応援団が来て、でかいドラムをガンガン叩いていて。

これができるならアニソンイベントもいけるんじゃないかと思って、とりあえず問い合わせたのがきっかけでした。歌舞伎町側も実はウェルカムで、すぐに開催が決まったんですよ。

──アニメにも理解があったということですか?

ちへ そうですね。その何年か前に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の封切りイベントをミラノ座でやっていたんですね。コスプレをしたサオリリス(アニソンDJ)が、特典のパンフレットを配布したり。その時のオタクのマナーがすごく良かったらしいんです。みんな整然と列に並んで配布物を待っていたと。その印象がすごく良かったらしく、アニメやオタクはウェルカムという感じだったんです。

あと、音楽コンテンツも欲しかったようです。当時、歌舞伎町は風俗業者を規制したりコマ劇場が閉館したりと、歓楽街として下火になっていた状況で、町おこしのコンテンツを探していたそうなんです。そこで、ぜひやりましょうということで動き出したんですね。

──地元の方々との連携といった点で大変だったこともあったのでは?

ちへ ちゃんと相手の方にわかるように、自分たちが何者なのかを説明しなきゃいけないんですね。その説明が最初はけっこう苦労しました。

例えば歌舞伎町でコスプレと言うと、どうしても風俗とか水商売とかとイメージが結びついちゃうんですよ。あと、音を鳴らすと言うとものすごい爆音だと思われてしまうので、DJをしますと言うのではなく、アニメの主題歌とかサウンドトラックのCDを持ってきてかけるだけなんです、というように、わかるように説明したり。そういったコミュニケーションは最初は戸惑いましたね。

そして中野での開催へ




──歌舞伎町で大盛況を誇ったリアニですが、5回目からは中野に拠点を移されましたよね。「GEKKO NIGHT」時代から馴染みのあった新宿から拠点を移されたのは、何か理由があったのでしょうか?

ちへ 歌舞伎町の広場がコマ劇場の再開発工事の資材置き場になってしまい、使えなくなってしまったんですよ。それで、リアニをやらせてくれる広場をいくつか探していたんですが、実際に話を持ちかけてみてアツい反応だったのが中野区だったので、中野区でやらせてもらったんですよ。

中野ってここ最近で再開発が一段落した状態で、とりあえず中野セントラルパークを中心としたハード面が一旦整った状態だったんですね。そこで、多分次のフェーズとしてそこにコンテンツを入れていきたいという状態だったと思うんですよ。そこで、たまたまリアニとのニーズがマッチした。



──それはやはり歌舞伎町での実績があったからこそなのでしょうか?

ちへ そうですね。とはいえ、僕らのメリットと町の人のメリットは必ずしも一致しないので、そこをどう折り合いをつけるかが、場所を移した上での苦労でしたね。

歌舞伎町の中はけっこう爆音を出してもよかったのですが、中野は線路を跨いだら住宅地なので、どのように音のケアをするかとか。リアニが中野に移って初めて開催した時は土曜だったんですが、近隣の病院には1日入院の患者さんとかもいて、振動に関する苦情があったので、開催を日曜に変えたりとか。

そういう落とし所を探したりするのは、自治体と協力して開催する上でのステップとして必ず必要ですね。

──場所を移したことで、イベント自体にどういった変化がありましたか?

ちへ お客さんが明らかに歌舞伎町の時より増えたのと、参加する年齢層が劇的に下がったことですね。

「GEKKO NIGHT」はオールナイトのイベントだったので、当然そこからのお客さんには20歳以下はいません。リアニで昼間のイベントになってオープンスペースになったとはいえ、はじめはやはり歌舞伎町だったので、女の子とか学生さんにとっては怖いイメージがどうしてもつきまとう。

中野に移ってからは、駅から近いとか学校のルート上にあるとか、そういう人たちがいっぱい来てくれるようになって、20歳前後や10代の子たちが劇的に増え、それによってスタッフにも若い人が入ってきました。

いろんな人にアニソンやダンスミュージックの楽しさを知ってもらいたい!




──今年初めにはお台場のジョイポリスでもリアニを開催されたり、来年3月には羽田空港で開催される『羽田インターナショナル・アニメ・ミュージック・フェスティバル』での開催も控えているとのことですが、そのような場所でリアニをやろうとなった理由は?

ちへ 外部から声をかけてもらう機会がここ1、2年で増えてきていまして。僕らは新宿とか中野とか、自分たちに馴染みのあるところでしかやったことがなかったので、オープンスペースで配信してるとはいえ、それだけではだんだんお客さんが固定化してしまうと思ったんです。

自分たちのやってることはすごく楽しいと思っているので、それをいろんな人たちに見てほしいんですよね。例えばジョイポリスに遊びに来るような、ゲームに造詣が深かったり理解があったりするようなファミリーやカップルにアピールしてみようとか。

あと今年の夏は、「EXIT TUNES ACADEMY」というボーカロイドや歌い手さんなどのフェスのサイドステージをやらせてもらったんです。あの辺りのジャンルはアニメと近いようで実は距離があるので、その人たちに見てもらおうとか。

空港もそうですけど、海外のお客さんに見てもらおうとか、そういう機会を増やそうと思いまして。リアニの体制も整ってきたので、ここ最近はコラボレーションや出張イベントは増やそうと意識していますね。

──先日発刊され話題を呼んでいる『オトカルチャー』も、やはりそういう場を広めようという趣旨ですね。

ちへ そうですね。月夢(川崎のアニソンDJバー「月あかり夢てらす」)とかMOGRAを見ればわかるように、爆音でアニソンを聴くと楽しいよ、というのは証明されているわけで。それをもっと表に出していくという意味で、面白いと思っています。

リアニは「場からつくっていく」




──外部でのイベントは、どのようにして企画を進めているのですか?

ちへ こっちからこういうことをやりたいですという企画を出して、向こうからそれをやるんだったらうちはこういうことできるというアイデアを出してもらって企画を擦り合わせていったり、経費をそれぞれどれだけ負担しましょうとかも話し合って決めていったり、という感じですね。

箱(イベント会場)を借りてやりましたとか、予算もらってやりましたっていうのとはまったく違って、やるんだったら一緒にやるっていう気持ちが強いです。

──どちらかが一方的に場所を貸してという感じではなく、お互いに協力しあって「場からつくっていく」という。

ちへ そうですね。元々オフ会として活動していたということもあって、やるメンバーはみんな仲間じゃないと嫌なんですよ。箱を借りてやれば楽ちんっていうのはわかるんですけれど、中に入ったら機材が全部整っていて、そこでCDかけるだけ、っていうのはなんかうちっぽくない。

だからライブハウスを借りる時も自分たちで機材を持ち込んで、イベントが終わったら全部片付けて、っていう繰り返しだったんです。そしたら箱側もどうしたらうまく演出できるかを考えてくれて、クラブっぽい照明にするためにはどうするかといった話まで詰めながらやっていく。そういう過程も含めて楽しかったので、行ってやるだけっていうのは嫌なんですよ。

──そのような場をつくる上で気をつけていることは?

ちへ これは個人的なこだわりになるんですけど、ゴミの多い汚いイベントとか、マナーの良くないイベントが嫌いで。だからリアニでもその辺はこだわっているというか、集まるお客さんはみんな身内だと思っているからこそ、多少の窮屈は理解してもらって、みんなでイベントを守ってねというメッセージだけはずっと出すようにしているんですよね。

アニソンもダンスミュージック、それぞれの楽しみ方




──リアニといえば「アニソンとダンスミュージックの融合」を掲げたイベントだと思うのですが、やはりアニメが好きな人とダンスミュージックが好きな人とでは、楽しみ方は異なるのでしょうか?

ちへ 違うけれど、一緒に楽しめなくはないと思います。僕自身、中学生から高校生前半ぐらいまでどっぷりオタクだったのが、高校入ってからはいわゆる“ロキノン”をこじらせて、さらに『snoozer』にハマって大学時代を過ごして。

でも、社会人になって一人暮らしになって、寂しくて『魔法騎士レイアース』を観たら、またオタクに帰って来ちゃった、という人間なんですが(笑)、そういう人たちはけっこういると思うんですよ。

そういう人たちって、オタクのコミュニティの中ではロキノンの話はしづらかったし、ロックのコミュニティの中ではアニメの話はしづらかったという。でも両方語れる人って意外といて、自分たちはそういう人たちが集まるコミュニティをつくりたいと思ってやってるんですよ。だから、その切り口に反応してくれる人が、リアニに来て楽しんでくれるといいな、と。

──アニソンだけが好きな人もダンスミュージックに興味を持ってほしい、その逆にダンスミュージック好きな人はアニソンにも興味を持ってほしい、といった思いは?

ちへ 僕個人には、そこまでの使命感はないですね。確かに楽しみ方は違うと思うんですよ。例えばテクノやハウスのイベントで、かかっている曲を全部知っていますって人は普通はいないと思うんですね。そこで出会う音を楽しむというスタンス。アニクラ(アニソンのクラブイベント)はその反対で、知っている曲を聴きに来る雰囲気がある。

でもそれらが混じっていったら、アニソンだけ好きだった人が段々とキックの音が気持ちいいと思うかもしれないし、クラブに通っているけど恥ずかしくてアニメの話ができなかったという人も、ここで爆発してヲタ芸を打つのが楽しくなるかもしれない。その楽しみ方は自由にしてくれればいいかなと。

現在のアニクラシーン、そして今後の展開について




──そんなアニクラですが、今非常に盛り上がっている、イベントの数が増えているという話もありますが、かつてリアニを始められた時や「GEKKO NIGHT」を開催されていた時と比べて、どういう風にシーンが変化したと思いますか?

ちへ イベントの数も、アニクラをやらせてくれるお店も増えましたよね。実は「GEKKO NIGHT」を始めようとした時、大きいクラブを週末にオールナイトで借りようと思ったら断られちゃったんです。その枠は外タレ枠だからダメですって。でも今はその辺のハードルは下がったし、クラブでアニソンをかけるというのは当たり前になってきた気はしますね。

──演者やスタッフなど、イベントをつくる側の人が増えてきたということもあって、アニクラも細分化してきましたよね。

ちへ そうですね、プレイヤーが増えて細かいことができるようになったと思いますね。原曲のみとかリミックスのみ、ボカロのみとか、中にはエロゲだけとか特定のアニメに特化したりとか。ニッチなところで縛れるようになっているという点で良くなってきたんだろうと思います。

──今後こういったシーンがどうなっていくか、というビジョンはありますか?

ちへ たぶん10年後はすごいことになっていると思います。ようやく行政の人とか町の人とかメディアの人とか、外側の人たちが今のシーンに興味を持ってくれた。

イベントも、全然うちだけじゃなくて、「アニサマ」の外のステージでアニソンDJイベントが行われたりとか、『リスアニ!』みたいアニメ雑誌がDJイベントを主催したり、この間、歌舞伎町にナムコが経営するアニソンのカフェ&バー(「アニON STATION」)もできましたね。

こんな風に、企業の目もDJに向いてきたので、ここで次にどうするかだと思うんですね。あくまでアングラでやりますというのもひとつのスタンスだし、楽しいことができるんだったらそういうところにガブっと食いつくのもアリだと思ってて、僕は食いつこうと思っています。その辺はやり方次第かなと。

──最近は特にそういう傾向が強いと思いますが、その中でいかに折り合いをつけていくか、ということでしょうか?

ちへ そうですね。僕も外側の人たちと関わることで、自分たちのことをもう一度考え直す機会が増えたんですよ。さっきの話にもありましたが、みんなで企画立てて、機材を担いで設営をしてパーティーをしてヘトヘトになって片付ける、っていうのがリアニだと思っていたんですけど、外で話をする時にこれでは漠然としすぎているんですよね。そういう時に必要な「自分たちの要素」というものが理解できたので、外でイベントを組めることが増えた。

その辺の自己認識みたいなものが、多分これから自然とできてくると思うんですよ。その時に折り合いをつけるところとつけないところが、それぞれのイベントで多様化していったら面白いですね。いろんなことをやって叩かれる奴もいれば、超アンダーグラウンドにやる奴もいて、という風に。

reIMG_4652

「Re:animation6」終わり際のちへさん



──ちなみにリアニの構成要素とは?

ちへ その時に、”誰”とやるか。本当は野外に集まっている2000人のお客さん全員がいてこそのリアニなんですが、そのリアニを1時間で見せて、と言われた時にどういう人を選べばリアニになるのか? この人たちが揃えば、とりあえず「Re:animation」ですと言える、そんなチームづくりがなんとなく見えてきましたね。

最終目標は都庁前広場!?


──もうすぐで初回の開催から4年を迎え、これからも精力的にリアニを続けられていくと思うのですが、今後挑戦してみたいことの構想はありますか?

IMG_9090



ちへ これは昔から冗談半分で言っているんですが、最終目標は都庁前広場でやることです。

東京都庁の2本のタワーって「マクロスキャノン」っぽいんですよね。『マクロスプラス』というOVAのクライマックスに、初代マクロスが地上に立っていて、その周りでバルキリーがドッグファイトをやるというシーンがあって、そこにシャロン・アップルというバーチャルアイドルが出てきて歌うんですよ。

そこで流れるのが、元電気グルーヴのCMJKという人の「Information High」という曲なんですけど、それが超印象的で、あそこで「Information High」をかけたら『マクロスプラス』っぽい。それをやりたいんですよね。

実は、無謀なことに東京都庁に問い合わせしたことがあるんですよ。そしたら公共性のあるイベントでかつ非営利だったら、というのが最低条件だという話を聞いたので、できなくはない。アニソンイベントも社会的に知名度も高まっていますし、今後、リアニとして実績を積んでいけばできるんじゃないかって思っています。

「Re:animation NEW YEAR PARTY 2014」


























「Re:animation6」