シーンに合わせ雪が降る映画館、ユナイテッド・シネマ豊洲に4DX導入へ。

写真拡大

ユナイテッド・シネマは12月19日、同グループ初となる体感(4D)型アトラクションシアター4DXを、「ユナイテッド・シネマ豊洲」に導入する。

今回導入される4DXは、これまでの9つの機能「動く座席」「雨」「香り」「フラッシュ」「バブル」「煙」「風」「エアー」「ミスト」に加え、新たに「雪」と「嵐」のエフェクトを追加。

「雪」と「嵐」の機能は世界に先駆けての導入で、12月16日(火)〜18日(木)のプレイベントで上映される「アナと雪の女王」では、シアター入場時とエンドロールで「雪」の体験ができる。

なお、新機能の「雪」「嵐」のエフェクトが上映作品本編に反映されるのは、2015年春以降の予定だ。

☆4DXの効果

・座席シートが動く…前後・上下左右に動く。背面には衝撃を表現する装置内蔵
・風が吹く…劇場内上部の送風効果により、風が出る
・雨が降る…座席背面から吹き上げられた水が降ってくる
・水が出る…前の席の背面部分から、水や霧が出る
・香りが出る…前の席の背面部分から、香りが出る
・煙りが出る…劇場内スクリーン下部分から、スモーク(煙)が出る
・シャボン玉が出る…劇場内上部から、泡が出る
・フラッシュが光る…劇場内上部の照明効果により、光が出る
・空気が噴射する…顔や頬、耳をかすめる空気が噴射される
・雪が降る…劇場内上部から、雪をイメージしたパウダーが出る
・嵐が起こる…劇場内上部、送風口から、水と一緒に風がでる