RS 4 アバント Nogaro selection

写真拡大

アウディ ジャパンは2014年11月18日、「RS 4 アバント」をベースにした限定車「RS 4 アバント Nogaro selection(ノガロセレクション)」を17台限定で発売した。全国希望小売価格は1472万円。

最高速は280キロに高められた

1994年に発売された、RSシリーズの第1号車「アバント RS 2」の誕生20周年を記念して設定された限定車。車名の「Nogaro」はフランス南西部にあるサーキットの名称で、当時「アバント RS 2」がフランスのツーリングカー選手権に参戦し、このサーキットで勝利したことに由来している。

エクステリアでは、ボディーカラーに「アバント RS 2」を彷彿とさせるノガロブルーを設定。カーボンデザインパッケージをはじめ、シングルフレームグリルやラジエーターグリル、ウインドウフレームなどはハイグロスブラック仕上げ、ルーフレールはマットブラック仕上げとした。スポーツエグゾーストシステム、レッドブレーキキャリパーなども装着する。

インテリアは、ブラックを基調にシート座面や背面、ドアの内張りにブルーのアルカンターラを組み合わせたスポーティーなものに。ブルーのステッチが入ったフラットボトムステアリングホイールのほか、ブルーカーボンファイバーインレイやexclusiveフロアマット、専用のシフトレバーやドアシルプレートなどを装備する。

パワーユニットは、最高出力450馬力、最大トルク430ニュートンメートルを発揮する 4.2リッターV型8気筒DOHCエンジンに、デュアルクラッチトランスミッション「7速Sトロニック」を組み合わせた。スピードリミッターの設定は、最高時速280キロにまで高められている。