扶養から外れて働く妻…目指すべき年収はどれくらい?
子育てが一段落した後、仕事を始める主婦が増えているようです。夫の扶養を外れて働く場合、どのくらいの収入を得れば家計にプラスになるのか…考えてしまいますよね。教えて!gooには、こんな質問が寄せられています。

扶養から外れて働くので得なのは?

相談者は、2人の子どもを持つ専業主婦。下の子どもが保育園に入園するのを機に働くことにしたとのこと。年収130万円以上の仕事に就こうと考えているものの、さらに150万円以上の年収を得ると良いと知った相談者。そこで、どれくらいの収入を得れば、家計にメリットがあるのかと質問しています。

■保険や年金の加入状況による

ka28miさんは、「まず前提として、旦那さまの保険は社会保険と厚生年金ですか?それとも国民健康保険と国民年金でしょうか?この違いで大きく変わってきます」と回答。その上で、「一般に、『150万円以上働くと得、103万〜150万未満だと損』だと言われるのは、前者、社会保険や共済保険と厚生年金の方です」と指摘しています。さらに、

「103万円を超えることで、所得税の配偶者控除を受けることができない、130万円程度で保険や年金も負担しなければいけない、そうすると、世帯としての収入は減るというものです」と述べています。

「一般的に言われる『扶養を外れる』と、それまでに負担ゼロだった『年金』や『健康保険』の負担が一気に増えるので、『扶養を外れるなら150万円くらいまで収入を増やさないと思うように手取りは増えない』という意味です」と回答しているQ_A_333さん。その上で、130万円以上の収入を得ると何が変わるのかについて、詳しく解説してます。

妻がどれくらい働けば世帯全体の収入が上がるかは、夫の保険や年金の加入状況によって違いがあるようです。相談者の場合は、社会保険と厚生年金とのこと。130万円以上の年収を考えているようですが、さらに150万円を超える方が良さそうですね。

■年収160万円以上を目指す

一方で、年収160万以上を目指した方が良い、という意見も寄せられています。

ma-fujiさんは、「130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになります」と回答。その上で、

「おおむね160万円以上で働けば手取り収入は増えるし、厚生年金に加入なら将来もらえる年金の額も増えるので(今後、年金の仕組みがどうなっていくのかわからないということはありますが)、働けるのならそうしたほうがいいでしょう」と勧めています。

若いうちにしっかりと稼ぎたいと考えている相談者。これらの回答から、どれくらいの働き方をすれば良いのか参考になったのではないでしょうか。妻の得る収入は、家計にとって確かにプラスとなります。しかし、税金や保険料の負担も含めてしっかりと目指す年収を把握しておくことが大切なのかもしれません。

1000本 ノッカーズ(1000 knockers)