ハビエル・アギーレ監督が就任し、再スタートを切った日本代表にとって、2−1で勝利したオーストラリア戦は"ブラジルW杯以後"の変化を感じさせる一戦だった。

 前半、試合の主導権を握ったのはオーストラリアだ。守備では日本のパスワークを封じるべく高い位置からプレッシャーをかけ、攻撃ではテンポよくパスをつなぎ、日本陣内に攻め入った。

 そんな劣勢の時間帯、日本が活用したのはシンプルに前線へと蹴り込むロングボールだった。ブラジルW杯までの「自分たちのサッカー」にこだわるチームには、あまり見られなかったシーンである。

"ブラジルW杯以前"の日本代表なら、相手のプレッシャーを受けているときこそ、むしろそれをかいくぐればチャンスになるとばかりに、パスをつなぐことにこだわったかもしれない。そこには「ロングボール=逃げ」とでもいうようなネガティブな感情もあっただろう。

 だが、今の日本代表は違う。アギーレ監督がこともなげに言う。

「相手のプレッシャーがかかっているときにパスをつなぐのは難しい。そこでミスをすれば相手のチャンスに直結する。(ロングボールで自陣ゴールから)遠いところにボールを持っていって、相手陣内でプレイしなければならない」

 指揮官はネガティブな感情を抱くどころか、「当然のことをやっているまで」とでも言うように、こう続けた。

「前半に日本は2回のチャンスがあり、オーストラリアは1回だった。(武藤嘉紀のヘディングシュートが)オフサイドになったが、日本には3回目のチャンスもあった」

 前半、日本は必ずしも思い通りのサッカーができたわけではない。しかし、「前半は相手が強いプレッシャーをかけてきたので、パスをつなぐことができなかったが、(オーストラリアのプレスが)90分間は続かないだろうという予測の下にプレイし、その通りになった」とアギーレ監督。

「後半は相手に疲れが見え、引いて守るようになったことでパスをつなぐスペースが生まれた」と、指揮官は満足そうに試合を振り返り、手応えを口にした。

「選手たちは異なる状況に合わせてプレイできる。つなぐこともできるし、勝たなければいけないときのプレイ(ロングボール)もできる」

 とはいえ、日本代表が見せた変化は「ロングボール」だけではない。

 日本は前半途中、すなわち押され気味の時間帯に、中盤3人の構成をアンカー1枚の逆三角形型から2ボランチの三角形型に変えている。これによって中盤が攻守に安定感を取り戻し、悪いリズムの前半をうまくしのぎ切ることにつながった。その後、日本は試合の流れを完全に引き寄せ、後半に入るとほぼ一方的に攻め続ける展開になったことは言うまでもない。

 DF吉田麻也は「2ボランチに変えて、リズムができた」と言い、キャプテンの長谷部誠もまた、「試合のなかで(システムを)変えられたのは成果」だと振り返った。指揮官にしてみれば、本心はまさに「してやったり」のゲームだっただろう。

 それでもアギーレ監督は「サッカーとは戦略のゲーム。幸いにも我々には複数のポジションでプレイできる選手がいる」と、落ち着き払って語る。何も特別なことはしていないと言いたげな様子だった。

 たまらないのは、「戦略」でやり込められる形となったオーストラリアのアンジェ・ポステコグルー監督である。敗軍の将は「前半はゲームをコントロールできた」と成果を口にしながらも、うつむき加減でこう続けた。

「後半、ゴールを許してから一方的に攻撃を仕掛けられた。2点目を失い、ゲームを元に戻すのは難しくなった。残念だったのは、ゲームをコントロールしている間にゴールできなかったことだ」

 ブラジルW杯での惨敗を教訓とするかのように、日本代表が見せた変化。それは、来年1月にオーストラリアで開かれるアジアカップへ向けても重要な変化である。

 90分間、自分たちの思い通りに進められる試合など、滅多にあるものではない。ならば、悪い流れのとき、それをいかにしのぎ、自分たちの下に流れを引き寄せるのか。そこに「いいチーム」から「強いチーム」へと変わっていくためのカギがある。

 アギーレ監督は「6試合のなかで選手は(チームの)コンセプトを習得してきた。前進している」と言い、こう語る。

「8月に来日した当初から、アジアカップは勝たなければならないと言ってきた。それは変わらない。私も選手もそういうメンタリティでいる」

 アギーレ監督がどんなチーム作りをしようとしているのか、正直まだ分からない部分もある。また、4年後を考えれば、若手の台頭など、求められるべきことは山積みだ。

 それでも、日本代表はブラジルW杯での惨敗を経て、起こるべき変化を見せ始めている。それは指揮官の手腕によるものでもあり、選手たちが自ら変わろうとしているからこその変化でもあるのだろう。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki