イ・ボミ、負けられない戦いに挑む!(撮影:ALBA)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇19日◇エリエールゴルフクラブ(6,428ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」が香川県にあるエリエールゴルフクラブで20日(木)に開幕する。国内女子ツアーも今シーズン残り2試合、いよいよ賞金女王争いも大詰めを迎えた。
ツアー初Vの前田陽子が賞金ランク34位に、アン・ソンジュが賞金女王に前進
 先週の「伊藤園レディス」を終えた時点で、賞金ランク4位の成田美寿々、3位の申ジエ(韓国)が逆転の可能性が消滅。それにより、賞金女王争いは1位のアン・ソンジュ(韓国)と2位のイ・ボミ(韓国)の2人に絞られた。
 状況は約3,300万円差をつけている1位のアンが圧倒的有利。イが逆転女王になるにはアン以上の成績を残すことはもちろん、2位タイ(2人まで)以上に入らなければならない。厳しい条件となったがそれでもイは前を向き、「最後まで楽しめるように頑張りたい」と大会に全力を注ぐ。
 そのイはここ数試合パッティングが不調。それが好調だったショットにまで悪影響を及ぼし、「なんで入らないんだろう」という気持ちを次のホールまで引きずってしまいショットの調子を崩しかけていた。
 そんなこともあり、今週は改めてショットを一打一打集中して戦っていく構えだ。たとえ前のホールでパットが入らなくても「良い意味で気楽にいけたら」と気持ちを切り替えて臨んでいく。そんな気持ちで回った今日のプロアマ。入らなかったというパッティングも「今日のプロアマでは調子良かった」と好調なショットに乗せられたのか上向いてきた。
 過去に残り2試合で約3,300万円差を逆転した例は無いが、「調子は良いので、あとは自信を持って戦うだけです」とこの不利な状況にも笑顔を見せる。今年他界した父へ良い報告をするためにも、ここは絶対に負けられない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>