遠藤とポジションを入れ替え、システム変更後は本来のトップ下に移ったものの、存在感を発揮できなかった香川。アジアカップに向けて課題が残った。 (C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 アジアカップ前最後の強化試合となったオーストラリア戦を、香川真司は不完全燃焼で終えた。
 
 4-3-3の右インサイドハーフでスタートし、4-2-3-1へのシステム変更に伴い、前半途中からは得意のトップ下にポジションを移した。アップダウンを繰り返してゴールへの強い意欲を示したが、得点に直結するプレーは生まれなかった。試合後、本人はもどかしさを口にした。
 
「(スッキリとした状態でプレーしているか?)できていない。結果を残していかなきゃいけない立場にあるけど、そこはチームでも代表でも明らかに劣っている。他の選手に比べ、それがピッチでも表われていると思う。自分にもっと必要とされるものは、やっぱりゴールに向かっていく姿勢や、最後のところで相手を振り切る一歩。そういうところの判断力などは、もっと向上させないといけない」
 
 これで香川は日本代表では出場6試合連続ノーゴール。得点がすべてではないとはいえ、本人には「結果」へのこだわりがある。
「自分はやっぱりゴール前に入って行って得点を決める選手だと思っている。結果で証明したい」
「結果を残すことで自信は生まれるし、流れも生まれる」
 
 そうしたゴールへの意欲の表われが、遠藤とポジションを入れ替えたスタートポジションだっただろう。これまでの左インサイドハーフではなく、右インサイドハーフで試合に入ったのは、自らの意思だった。
 
「(ポジション変更は)自分たちの考えでやった。(右FWの本田)圭佑くんが割と起点になることが多かったので、そちらのサイドでやりたかった」
 
 4日前のホンジュラス戦も、香川は試合中に左から右に動いて本田に近づき、「縦関係」から敵の最終ラインを崩した。タメを作る本田を香川は追い越し、ペナルティーエリア内でスルーパスを受ける。DFラインの背後に抜ける意識が強い左サイドの武藤とは異なり、前線へ飛び出す「時間と余裕」を与えてくれる本田との相性はたしかに良かった。
 ところが、オーストラリア戦はチーム全体の攻撃がなかなか形にならなかった。アンカー長谷部の両脇を相手にうまく使われ、日本はズルズル後退。プレスをうまくかけられなかったことで、アギーレ監督は遠藤をボランチに下げる4-2-3-1へのシステム変更を決断し、香川はトップ下に移った。
 
 それでも、ナンバー10は本領を発揮できなかった。「プレスがうまくハマるようになり、ボールをつなぐ時間帯も少し増えた」(香川)日本は、試合の流れを引き寄せることには成功したが、香川自身は本来のプレーを見せられなかった。
 
 香川が苦戦を強いられたのは、ひとつはオーストラリアが中央部の守備を固めていたからだ。とりわけ大きかったのが、プレミアリーグで活躍中のジェディナク(クリスタル・パレス)が、バイタルエリア周辺の警戒を怠らず、最終ラインの防波堤として機能していたことだ。
 
「相手の15番(ジェディナク)がすごくいいディフェンスをしてきて、自分としてはボールを受けるタイミングがつかみにくかった。だから、それよりも簡単にプレーすることを意識した」
 と振り返った香川は、マークの薄いサイドにいる本田や乾(武藤と交代)へシンプルにはたいたり、自らがおとりになったりすることで、攻撃を活性化しようとした。
 
 しかしながら、肝心のリターンパスもクロスボールもいい形で香川に入ってこなかった。シュートは、今野のドリブル突破からつかんだ50分の1本のみ。
「前線のどこでボールが欲しいのか、どうやってコンビネーションをしたいのかなど、もっと連係を高めていく必要がある。集まる機会がなかなかないので、それが代表の難しさでもあるけど、そこの質はもっと上げていかないと」
 
「しっかりと結果を残せるよう、(アジアカップまでの)残りの1か月、頑張ります」
 香川はそう言葉を結んだ。
 
 チームの中でどう活きるか、チームとしてどう活かすか――。命題を抱えたまま、香川と日本代表はアジアカップ本番を迎える。
 
取材・文:田嶋康輔