『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

写真拡大

 半年近く前の話題だが、塩村文夏都議会議員に「産めないのか」とヤジを放った鈴木章浩議員、そのヤジも去ることながら、同様にいただけなかったのが、釈明会見での「本当にしたくても結婚がなかなかできない方の配慮が足りなかった」発言。おそらくご本人は、未だにこの釈明の何が問題だったのか、お気づきではないのだろう。

 その鈍感っぷりを証明したのが『正論』9月号の座談会。「ヒステリックなセクハラ決めつけは少子化日本の重要な問題を見失わないか」と題して、麗澤大学教授・八木秀次、ジャーナリスト・細川珠生と共に登場。八木に「(産めないのか発言のような・引用者注)たいしたことないことでも、物理的に体を触ったり卑猥なことをしたり、そういうことと同じカテゴリーでくくられると、世間のイメージは途端に悪くなるからです。鈴木議員もダメージを受けたのではないですか」と励まされており、それに対して鈴木も「支持者の方には、『よくよく考えれば、たいしたことないじゃないか』と言われることが多いです。ありがたいことに。」と、すっかり居直っている。

 お三方には、「男女雇用機会均等法」にあるセクハラの定義、「職場において行なわれる性的な言動で女性労働者の対応によりその労働条件につき不利益を受けること、またはその性的な言動により当該女性労働者の就業環境が害されること」を送るが、「正論」以外を総じて「異論」とする風土の中では、聞く耳をお持ちいただけないだろう。

 先の鈴木議員のような「そうはいっても女は結婚したがっている」、八木教授のような「セクハラが過剰でむしろダメージを受けているのは男のほうだ」という論旨は、どれだけ女性の社会進出が叫ばれようとも根強い。この手の古い性差ってどこで培養され、更新され続けているのかと思いあぐねていたのだが、リテラ編集部から渡された一冊、五百田達成『察しない男 説明しない女』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を開いて、なるほどそうか、この手のビジネス本が諭す「男女格差あるある」にも一因があるのではと気付いた。

 著者は元・博報堂のキャリアカウンセラー。本書の版元HPには「11万部突破」とあるから、ビジネス本としてかなりのヒット作と言えるだろう。自身の仕事は、本書によれば「人間関係を『まろやか』に変えるお手伝い」だそう。男女の違いを37項目にわたって区分けしていくのだが、あまりのステレオタイプの連発に卒倒してしまう。鈴木議員の「女性は皆、結婚したがっている」的な干涸びた前時代の定義を、そのままコミュニケーションにおけるメソッドとして振りかざしてくる。いくつか紹介してみよう。

「女性の『涙』ですが、これは汗のようなものだと思ってください。『泣いてるのに放っておけない』と思うかもしれませんが、特に意味はなく、女性たちは悲しんでいるわけでも怒っているわけでもありません」とのこと。絶句。

「家事や子育ては女に向いている行為。女性の脳は、右脳と左脳の連結が強い『マルチタスク』。論理的な思考と直感的な思考が同時に必要とされる複雑な作業を同時進行するのに向いています」。なので、「洗濯機を回しながら朝食をつくり、子どもが元気よく、ちゃんと食べているか観察して、夫に忘れ物がないか確認し、横目でニュースを見る......というような、お母さんが普通に行なっている作業は、脳が『マルチタスク』だからこそできる」とのこと。絶句。

 まだまだ続けます。
「シンプルに言えば、仕事は男のすべて。恋愛でも結婚でも結局のところ主役は女ですが、仕事なら男が主役になれます」「多くの女性が仕事に求めるのは『やりがい』。(中略)心の底では、職場のみんなと楽しく『ままごと』がしたいと思っているので、出世には興味がありません」とのこと。絶句。

「男は説明好きだけど、女は説明下手」なので、「男的な対応を求める男性たちは、『説明下手』な女性たちに『ちゃんと説明してくれ』と願うし、女性たちは『そんなの、言わなくてもわかるでしょう』とイラ立ちます」とのこと。絶句。

 まだまだ続けたいのだが、「絶句。」を繰り返すだけで原稿料をいただくのは忍びないし、万が一、同レベルで議論に応じているように読まれるのも心外なので、もう少し議論を深めていく。

 脳科学を用いて性差を読み解いたベストセラーにアラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ『話を聞かない男、地図が読めない女』(主婦の友社)があるが、この手の、性差を脳科学で論証する本には科学的根拠が一切無いと喝破したのが斎藤環『関係する女 所有する男』(講談社現代新書)だ。『話を聞かない〜』を、学術的根拠に欠ける「あるあるネタ」を語っただけの本とし、「『差異の同一性』を繰り返し確認し、そこから何がしかの安心を得たい」だけにすぎず、これらのコミュニケーションは「情報量が少ないほど、言い換えるならば冗長性が高いほど快楽が増す」ようにできていると分析した。

 つまり、「そうだよね〜」「わかる〜」とポップに言い合えるネタを欲し続ける人たちに同内容の提供を繰り返しているだけで、なんら発展性はない。「そうだよね〜」「わかる〜」が繰り返されることを斎藤は「再帰性の快」と呼んでいるが、この再帰性が保守派やバックラッシュの扇動に使われやすいことも指摘している。

 斎藤の著書からの孫引きになるが、冒頭の鈴木章浩議員の座談会に登場した八木秀次は、西尾幹二と共著『新・国民の油断』(PHP研究所)を刊行しており、そこには「男性が女性より優れているかどうかの問題ではありません。男女のあいだには優劣の差なんかない。ただ女性は女性という生理的宿命を背負っており、そこを起点にして考えなくてはならない。男性もまた、男性以外は持っていない生理的宿命を背負って生きている」(西尾の発言)とある。

 生理的宿命とはなにか。この本の中で八木は、女帝容認論を批判すべく、男系でなければ神武天皇以来の「Y染色体」の系統が絶えてしまうという論理を展開した。斎藤は「歴代天皇の身体を単なる染色体の容器扱いするような、そうとう『不敬』な議論」と断じた。

 男女とはこういうもの、を示し続ける五百田の本は、そもそも脳科学を使った論拠すら仕立てていない。「多くの女は、恋愛の先に結婚や子どもというゴールを見ています。『好きだから』と言いつつも、頭のどこかでは『生活』のために結婚しようとするのです」との論旨に11万人が頷いていたとしたら、と考えるだけで虫酸が走るし、「多くの若い男性は、性欲に支配されています。そのため、『女っぽくてエロいもの』を備えている女性にキュンとします。たとえば、プルプルの唇や、柔らかそうなおっぱい、大きなおしり......」には、返す言葉を探し出せない。

 もう今や朽ちた慣習と信じたいが、女性社員が淹れたお茶は美味しいねと言ったり、露出が高い服を着たらそれを何がしかのOKサインと見なしたり......これらの男目線の好都合解釈を押し並べて「勘違い」と捌いたのが牟田和恵『部長、その恋愛はセクハラです!』(集英社新書)だ。

 一方、五百田は働く男女の差を、男は権力を求める一方で、女は安定を求め、「福利厚生の充実した安定企業で『ずっと働いてほしい』と言われたい」と分析している。その思考はまさに牟田が指摘する「勘違いセクハラ部長」そのものだろう。

 アナウンサーとして内定していた女性を、「クラブでの勤務経験があるのに報告しなかった」という理由で内定取り消しとした日本テレビは、女性に対して「アナウンサーに求められる清廉性に相応しくない」と書類を送っていたそう。この「清廉性」が「アナウンサーに求められる」ではなく、「女子アナウンサーに求められる」であることは自明。人の採用・不採用を性差から発動する「清廉性」なんてものに堂々と依拠してしまうのを見るにつけ、この手の「あるある男女格差本」がまだまだ売れ続けることを改めて嘆かわしく思う。
(武田砂鉄)