競り負けた豪代表の指揮官「最も厳しく、最も苦しい試合」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司のゴールで、日本代表が2−1と勝利を収めた。

 試合後、オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督は、敗戦について、「全員が多くを学んだと思う」と振り返る。「アウェーの試合であったこと。また、満員のスタジアムでプレーしなければいけなかったこと。これだけでも、若手にとっては非常に大きなチャレンジであったと思う」と収穫も口にした。

「これまでチームとして経験した試合の中では最も厳しい、最も苦しい試合であったと思う」と、ポステコグルー監督は語った。「オーストラリアのチームとして考えた場合、彼らは必要な体験をしたと思う」と、敗戦をポジティブに捉えようとしていた。