自身のプレーを振り返り不満を示す香川「物足りなかったです」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司のゴールでリードを奪った日本代表は、終了間際に1点を失ったが、2−1で勝利を収めた。

 フル出場したドルトムントの香川真司は、試合を振り返り「難しかったけど、集中して90分間チームとして戦えたと思います」とコメント。また、「4−3−3に関しては守備のところで後手を踏むというか、プレスのかけ方があまりうまくいきませんでした」と修正点を挙げた。

 システム変更後に関しては「プレスがうまくハマるようになりだして少しボールをつなぐ時間帯も増えたと思います」と主張。その一方で「オーストラリアが思った以上につないできて、まったく違うチームになっていました。スピードのある選手、フィジカルのある選手が前線で起点になっていたので、特に前半は難しかったです」と分析した。

 さらに、自身のプレーに言及した香川は「守備の部分で相手に自由を与えないことは意識していました。ただ、攻撃の時になかなか起点は作れなかったと思うので、そういう意味では物足りなかったです」と述べていた。