遠藤、アジアカップ連覇に期待「全体的にチームが前進している」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。MF今野泰幸とFW岡崎慎司が得点を挙げ、日本が2−1で勝利を収めた。

 MF遠藤保仁は試合を振り返り、「前半はあまりよくなかったですけど、それでも悪い時間帯で失点してないですし、そういう我慢強さも覚えていかないといけないと思います」とコメント。全体的にチームが前進していると語る遠藤は、「ピッチで交代した選手も含めて、いろんな選手がいい結果を出してると思うので、全員が力を出し切れば、アジアカップが非常に楽しみかなと思います」と期待を寄せた。

 日本はややオーストラリアペースとなった序盤、システムを[4−2−3−1]に変更。遠藤はアンカーシステムについて、「前からのプレスをしっかりとできるかできないかで全然違うと思いますし、一番のウィークポイントがそこだと思う」と指摘し、「そこを使われないためにも前の僕らを含め、後ろへの負担を減らすようなパスコースの限定の仕方っていうのはもちろん必要かなとは思いますけど」と課題を挙げている。