試合途中の布陣変更に言及する長谷部誠「修正できたのは良かった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司のゴールでリードを奪った日本代表は、終了間際に1点を失ったが、2−1で勝利を収めた。

 試合を振り返ったフランクフルトの長谷部誠は「オーストラリアは僕たちを研究していたので、難しいゲームでした」とコメント。その一方で「ピッチの中でも話をして、ベンチの方からの指示でシステムを変えて、そこから自分たちも上手くハメられるようになったかなって思います」と述べ、布陣変更で流れが変わったことを明かした。

 また、試合途中から2ボランチになったことについては「4−1−4−1、4−3−3は、まだまだ試行錯誤している感じです。相手が研究してきて、ああいう風に修正できたのは良かったと思います」と語っていた。