先発起用も反省点語る太田「ミスも多いし、やるべきことがたくさん」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。MF今野泰幸とFW岡崎慎司が得点を挙げ、日本が2−1で勝利を収めた。

 ハビエル・アギーレ監督が欠場を明言していたDF内田篤人に代わって起用されたDF太田宏介は、「オーストラリアの選手は僕の特徴を誰も知らないと思うんで、もう少し後半もクロスを上げられればよかったです」と自身のプレーを振り返った。

「まだミスも多いし、守備の部分でもっとやらなければいけないことはいっぱいある」と言う太田は、「これからチームに戻ってやるべきことがたくさんあるので、もしメンバーに入ってアジアカップに行くことになったら、準備期間で修正していけたらと思います」とレベルアップを誓った。

 前回出場したブラジル戦とは異なり、ブラジル・ワールドカップ出場組中心のメンバーに入ってプレーした太田。「みんないいところにいてくれて上手いし、やっていて楽しいです」と素直な感想を述べると、「僕はまだギリギリのところにいると思うんで、試合に出られたことが一番ポジティブな要素だと思います。もっとJリーグでアピールしなければいけないので、また明日からFC東京で頑張りたいです」と、早くもアジアカップに臨むメンバー入りに向けて意気込みを語っている。