DF突破し決勝点をアシストした森重「CBだから相手も油断していた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司が得点を挙げ、日本が2−1で勝利を収めた。

 試合後、CBとしてプレーしたFC東京の森重真人は「今日はまずはセーフティーにやって、チームが勝てるようにプレーしました」と試合中意識していたことを明かすと、「相手の時間帯の時にブロックを作って相手にシュートチャンスを与えないことができれば、後半みたいにスペースが空いてくるんで、そうなれば自分たちの良さが出せる」とコメントし、守備面での自信を伺わせた。

 決勝点となった岡崎のゴールをアシストした森重は、「岡ちゃん(岡崎)がいるのは見えてませんでしたけど、中に誰か入っているだろうと信じて」と明かすと「うまく岡ちゃんが合わせてくれたんで。CBだから相手も油断していたと思うし、そこを突いてみようと思って。あそこで奪われてもピンチにはならないし、チャレンジしてみようかなと思った」と、アシストの場面を振り返っている。

 後半のロスタイムにオーストラリア代表FWティム・ケーヒルに得点を許したことについては「スカウティングでもあそこでファーに行くのは分かっていた」とケーヒルの情報があったと明言。しかし失点してしまい、「ケーヒルは後ろに逃げたんで、そこで自分がバックステップを踏んで。ただ、踏みすぎてもニアでやられることも考えられたし、うまく(太田)宏介とコミュニケーションをとってできたら良かったなとは思っています」と反省点を語り「ホント2−0で終わりたかったのが試合後の感想ですね」と失点を悔やんでいる。

 2015年1月に開催されるアジアカップ前最後の試合となった今回の対戦で、森重は「自信や確信が勝つことで芽生えたので、それは良かったのではないかと思います」と勝利に満足しており、「チームとしては今日は勝つことが目的でしたし、いい形でアジアカップに行くことができるのではないかと」と語った。