2戦連続で途中交代…結果を求める武藤嘉紀「言い訳はできません」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司のゴールでリードを奪った日本代表は、終了間際に1点を失ったが、2−1で勝利を収めた。

 同試合に先発出場したFC東京の武藤嘉紀は、オーストラリア代表の印象について「思っている以上にアグレッシブでした」とコメント。また「前半、受け身になってしまったのは反省すべきことだと思います。繋ぎすぎる部分は改善しないといけないなって思いました」と述べた。

 ホンジュラス戦に続き途中交代となったことに関しては「それまでに結果を残さないといけないので、言い訳はできません。チャンスを自分で作り出して、決めていかないといけないです」と反省。今後に向けては「前は途中から出る立場で、ガンガン仕掛けることができたんですけど、最初は相手も引いてきます。その中でどう仕掛けるかが今後の課題だと思います」と語った。