群馬大学病院でまた患者死亡が発覚 手術ミスが原因か

ざっくり言うと

  • 群馬大学病院で、手術のミスで50代男性が死亡していたとわかった
  • 去年4月、十二指腸の腫瘍の摘出手術で、医師が胆汁を排出する処置を怠った
  • 同病院は過去に、腹腔鏡による肝臓手術で8人が死亡している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング