連勝に手応え感じる本田、アジア杯連覇への課題は「若手との融合」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。MF今野泰幸とFW岡崎慎司が得点を挙げ、日本が2−1で勝利を収めた。

 同試合にフル出場したFW本田圭佑は、「オーストラリアが非常に上手くやっていたという印象でした。アグレッシブでスピーディーかつ簡単なミスも少なかった。本当に戦い方が変わったと感じたし、前半立ち上がりからゲームを作ることにこだわりを持っているような部分が垣間見えました」と分析した。

 本田が「前半、自力で押し込めるようなところはなかった。そこは新たな課題かなと思います」と言うように、序盤はややオーストラリアペースで展開。日本は[4−3−3]から[4−2−3−1]のシステムに変更した。本田は、「経験のある選手が出ているということで、臨機応変にシステムをチェンジできたことは収穫」と語り、アジアカップには経験が大事だと自身の見解を示した。

「前回はなんとかその場しのぎで根性みたいな形で優勝しましたけど、アジアカップは色んなハプニングがあるもの。格下相手であっても一筋縄ではいかないというか。そこをしっかり勝つっていう意味では、この2試合で証明できたので一歩前に進めるんじゃないかなと思います。これでまた後ろに下がらないように続けてやっていきたいです」

 本田は2連勝に一定の手応えを感じながらも、「若い選手も何人かは試しているので、融合が今後の課題かなとは思います」と、王者として臨むアジアカップに向けて気を引き締めた。