システム変更が奏功…長谷部誠「自分たちの試合ができた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司が得点を挙げ、日本が2−1で勝利を収めた。

 試合後、長谷部誠は以下のようにコメントした。

 2試合連続での先発出場となった長谷部は「立ち上がりはあまり良くなくて、そこからシステムなどを修正して自分たちのゲームができたと思う。試合を通しての評価はしにくいゲームだったと思うけど、勝ったことは良かったと思う」と振り返った。

 そして「前半の途中からシステムを変えて、自分たちもハマるようになった。そうして良いリズムでサッカーをできるようになったと思う」と続け、「アジアカップ連覇を目指して頑張っていきたい」と抱負を語った。

 ホンジュラス戦に続いて勝利を収めた日本は、大会連覇を懸けて2015年1月開催のアジアカップへ向かう。