先制ゴールで勝利に貢献…途中出場の今野泰幸「最高に嬉しいです」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司のゴールでリードを奪った日本代表は、終了間際に1点を失ったが、2−1で勝利を収めた。

 試合を振り返った今野は「オーストラリアは強かったし、上手かったので、どうなるかと思いました。でも、勝つことができて良かったです」とコメントした。

 また、自身の先制点については「あまりゴールを決めるタイプではないですが、こういう舞台で決めることができました。最高に嬉しいです」と喜んでいた。

 年内最終戦で勝利を収めた日本代表は、連覇を目指して来年1月にオーストラリアで開催されるアジアカップに臨む。