アギーレ体制での初弾が代表40得点目…岡崎「50ゴール目指す」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。今野泰幸と岡崎慎司が得点を挙げ、日本が2−1で勝利を収めた。

 試合後、岡崎は以下のようにコメントした。

 岡崎は、ハビエル・アギーレ監督体制下での自身初得点を、「それまでにチャンスを何度も潰していたので、絶対に決めようと思っていた。それがあの得点につながったと思う」と振り返り、ヒールキックでゴールネットを揺らしたことについて「テクニックというか気持ちで押し込んだという感じ。自分らしかったかなと思う」とコメント。代表通算40得点に到達したが、「50ゴールまで行けるように頑張ります」と、今後のさらなる活躍を誓った。

 そして「最後に失点したことは不満に思うけど、今日、オーストラリアに勝てたことはすごく大きかったと思う。この勢いでアジアカップをもう1回獲れるように、チームとして団結してやっていきたい」と抱負を語った。

 ホンジュラス戦に続いて勝利を収めた日本は、大会連覇を懸けて2015年1月開催のアジアカップへ向かう。