処方の2倍量のモルヒネを投与された末期がんの患者が翌日死亡

ざっくり言うと

  • 広島市立安佐市民病院は18日、末期がんの患者に投与ミスがあったと発表した
  • 処方の2倍量のモルヒネを約6時間にわたり投与し、男性は翌日に死亡した
  • 病院側は遺族に謝罪したが「ミスと死亡との因果関係はない」と説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング