アジア杯前哨戦となる豪州戦に本田、香川ら先発

写真拡大

 日本代表は18日、キリンチャレンジ杯でオーストラリア代表と対戦する。午後7時20分のキックオフに先立ってステーティングメンバーが発表され、14日のホンジュラス戦(6-0)からは先発一人を変更。前日会見でハビエル・アギーレ監督が欠場を明言したDF内田篤人がベンチスタートとなり、DF太田宏介が2試合ぶりに先発する。

 太田は左SBに入り、ホンジュラス戦に左SBで先発したDF酒井高徳が右SBに回る見通し。それ以外はホンジュラス戦と変わらず、中盤のアンカーにキャプテンのMF長谷部誠が入り、MF香川真司とMF遠藤保仁がインサイドハーフを務める。

 日本とオーストラリアの過去の対戦成績は7勝8分7敗(PK戦は引き分け扱い)とまったくの五分だが、日本のホームでは2勝4分と負けていない。ザックジャパン時代には4度対戦し、2勝2分だった。前回のアジア杯決勝では延長戦の末、1-0で勝利。ブラジルW杯のアジア最終予選ではホーム、アウェーともに1-1のドローで、昨年7月の東アジア杯では3-2で勝った。最新のFIFAランキングでは日本の52位に対し、オーストラリアは94位となっている。

<出場メンバー>

[日本代表]

先発

GK 1 川島永嗣

DF 6 森重真人

DF 21 太田宏介

DF 22 吉田麻也

DF 3 酒井高徳

MF 7 遠藤保仁

MF 17 長谷部誠(Cap)

MF 10 香川真司

FW 9 岡崎慎司

FW 4 本田圭佑

FW 14 武藤嘉紀

控え

GK 23 東口順昭

GK 12 西川周作

DF 2 内田篤人

DF 16 塩谷司

DF 18 昌子源

DF 5 松原健

MF 15 今野泰幸

MF 13 田口泰士

MF 19 森岡亮太

MF 20 柴崎岳

FW 11 豊田陽平

FW 8 乾貴士

監督

ハビエル・アギーレ