今の家事は十分にできていますか

写真拡大 (全5枚)

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、「家事」についてのアンケートを9月17日〜9月23日に実施し、結果を公開した。

 アンケートの対象は、30代〜40代の主婦を中心とする同社リサーチサイト「リサれぽ!」登録の既婚女性会員で、1,038人(平均年齢45歳)の有効回答者数を得た。

 まず、現在の家事について十分にできているかを聞いたところ、全体では「十分にできている」が6.4%、「だいたいできている」が54.7%、「あまりできていない」が34.7%、「全然できていない」が4.2%だった。回答者を現在、何らかの仕事をしている人と、仕事をしていない人に分けてみると、仕事をしている人では「あまりできてない」と「全然できていない」が合わせて42.1%だったのに対し、仕事をしていない方では27.9%となっており、働く主婦の方々がなかなか家事に時間を割くことができないと感じているようだ。

 更に、家事の中で十分にできていない家事を聞いたところ、仕事をしている人、していない人のいずれも同じ傾向で、1位は「部屋掃除」でそれぞれ67.1%、51.1%、2位は「風呂掃除」でそれぞれ、44.2%、35.2%、3位は「その他掃除」でそれぞれ42.7%、32.6%となった。また、「特にない」以外のすべての項目で、仕事をしている人の方が、していない人よりも「十分にできない」と感じていることがわかった。

 家事の時短について、「最も」時短したいのは、お仕事をしている人もしていない人も「料理」が1位でそれぞれ33.0%、40.8%だった。2位は「部屋掃除」でそれぞれ28.2%、24.5%だった。3位は傾向が分かれ、お仕事をしている人では8.8%が「洗い物」を挙げた一方で、していない人では9.9%が「風呂掃除」と回答している。家事を時短するために心がけていることは、「ながら家事」が1位で39.5%、2位がレンジ料理などの利用が30.6%、3位が食器洗浄機の利用で27.0%だった。

 家事の中で業者や専門家に頼んでみたい家事について聞いたところ、頼んでみたい家事の1位は「エアコン・クーラーの掃除」で54.8%、2位は「換気扇の掃除」で46.6%、3位は「水周り掃除」で43.4%だった。