ベルリンのクラブ「Berghain」は、スマホのカメラにテープを貼る

写真拡大

ベルリンの有名なナイトクラブは、写真の撮影を禁止しているだけでなく、入場者のスマートフォンのカメラにシールを貼る。「プライヴァシーは神聖不可侵」なのだ。

「ベルリンのクラブ「Berghain」は、スマホのカメラにテープを貼る」の写真・リンク付きの記事はこちら

それは小さく、丸く、蛍光色で、エントランスをくぐったすべてのスマートフォンのカメラに貼り付けられる。

『DJ Magazine』の2011年ランキングで世界トップに選ばれた、ベルリンで最も有名なクラブBerghainは、加熱するセルフィーやSNS、「夜のルポルタージュ」をやめられない人々にブレーキをかけようとしている。

すでに写真は全面的に禁止されていたが(Google画像検索でBerghainを検索してみれば、ほとんど外観写真しか見つからないはずだ)。規則がより厳密に守られるように、入り口の選考員は「特別なシール」を、客の持っているカメラを備えたすべてのデヴァイスに貼り付けることになった。これを無視すれば、クラブのスタッフがこの罪人を出口へと連れて行き、その後、3カ月間の出入り禁止にする可能性がある。

自由と匿名性。この2つの言葉が、Berghainについて話をするときによく出てくる2つの言葉だ。

創設されたのは、90年代末。「Ostgut」という名前で東ベルリンの放置された発電所跡に誕生した、「ダークルーム」をもつ(いまでも使われている)ゲイのためのアンダーグラウンドなクラブだった。このクラブは、卓越した音響設備と入り口での厳しいセレクションによって、次第にテクノ・ミュージックの聖地として評価を確立した。セレクションは、しばしば議論の的となるが、「閉鎖性」についてのポイントを稼ぐことに成功している。

録音と写真撮影の全面禁止は、この方向性をさらに進めたものだ。「Berghainで起きることは、Berghainだけでのこと」。ほかの多くの場所やシチュエーション(ヴァカンス、フェスティヴァル、外国旅行等)と結びついた言葉をもじって、しばしばこのように言われている。

Berghainは「本気」すぎるのだろうか? たしかに、そうかもしれない。「Berghain Sticker Fun」というTumblrページでこのことをからかっている人がいる。このサイトは、Berghainで撮影されたすべての「赤い」写真の背後にあるストーリーを語っている。

TAG

BerlinClubMusicSmartphoneWIRED ITWorld