【ライブドア・ニュース 20日 東京】 − 気象庁の21日正午までの発表によると、強い冬型の気圧配置により22日にかけて、北日本から東日本にかけての日本海側を中心に大雪が降る恐れがあるほか、北日本と北陸を中心に広範囲で風が強く、海上はしけるなど、大荒れの天気となる見込み。同庁は大雪への警戒と、強風、高波などへの注意を呼び掛けている。
 
 22日正午までに予想される降雪量は、いずれも山間部の多い所で、北海道と東北地方の日本海側、関東甲信地方北部で50−60センチ、北陸地方で30−50センチ、岐阜県と近畿地方北部、中国地方で15−20センチ。

 また、北日本と北陸地方を中心に風が強く、最大風速は陸上で13−18メートル、海上や岬で15−20メートル。日本海沿岸の波の高さは21日4−5メートル、22日は3−4メートルに達する見込み。【了】

ライブドア・ニュース 小木曽浩介記者