【連載】盛り上げよう!東京パラリンピック2020

「伊藤氏と障がい者スポーツの関わり」について話していただいた第1回に続き、2回目では、2020年東京パラリンピックが開催されたあとの未来を担う子どもたちについて語ってもらった。STANDの活動の中で取り組んでいるひとつ、キッズプロジェクトを通して子どもたちとふれあい、そこで見つけた東京パラリンピック成功へのヒント、さらに2020年以降の日本につながることを聞いた。

―― キッズプロジェクトではどんなことをしてるんですか?

伊藤 大体月に1回のペースで行なっていて、スキー場に行ったり、海に行ったりしています。子どもたちは、身体障害の子、知的障害の子、発達障害の子、障害のない子、みんな関係なく遊んでいます。

―― 自分と違うということに気がついても、子どもたちにとってはなんの問題もないんでしょうね。

伊藤:そうです。テニス教室のときに名簿を見ながら、「この子は何歳でこの障害で......」と確認をしていたんですが、気がついたらもう見分けがつかないんですよ。みんな楽しそうだから。このときに本気で思いました。こういう場面さえたくさん作っておけば、この子どもたちが10年後大人になったときに、素晴らしい社会を作るんだろうなって。

―― 子どもの純粋に楽しむ気持ちってすごいですね。

伊藤:それを目の当たりにしたことがあります。以前、車椅子の男の子が「空手を習いたい」と言って、お父さんが近所の道場を3つほどまわったけれど、「車椅子の子を教えたことがないから」と断られてしまったという話を聞いて。そこで空手体験会を開いたことがあるんです。そのとき空手の師範は「どんな子でも連れてきなさい」と言ってくれて、その車椅子の男の子も参加しました。

―― どんなことに挑戦したんですか?

伊藤:師範は、板とか氷とかバッドを持ってきてくださって、みんなの前でまずは披露してくれて。子どもたちはもうそれで「かっこいい〜!」って。それから自分たちも型を教えてもらって、最後はみんな板割りに挑戦しました。車椅子の男の子を含めて子どもたちは板をバーンと割って、みんなその板をうれしそうに持って帰りました。

―― そこで楽しさを覚えたりするんですね。

伊藤:そうなんです。やろうと思うことは何でもやってみたほうがいいとか、やれるということが大事だと思います。インターネット中継もそうなんですが、中継を見てもらって、そのスポーツをやりたいって思ってもらえたら素晴らしいことですよね。それに、やるに至らずとも、障害がある人が生き生きとスポーツをする姿を見て、引きこもっていた子が学校に行くようになるとか、あるいはあまり外出しなかった人が「買い物でも行ってみるかな」とか、そういうきっかけになってくれたらと思っています。

―― 大人になると勝手にこれは無理って決め付けてるところがあるんでしょうね。

伊藤:そうなんですよね。ある小学校で市役所の福祉課の人が来て授業をしたときに、その小学校には車椅子の子がひとりいたんですが、その福祉課の人は「車椅子の人は、少し段差があったら前に進めない。エレベーターがないと上にいけない。かわいそうだからみんな優しくしてあげよう。みんなで手伝ってあげようね」って悪気なく言ったんです。だけどその車椅子の男の子は家に帰ってきて、「僕のことをかわいそうって教えた」ってワンワン泣いて、本人はかなり傷ついたみたいで。

―― 差別されたと感じますよね。

伊藤:それは大変だってことに先生たちもなって、スポーツ用の車椅子で鬼ごっこをしてみたり、遊びから子どもたちに車椅子に触れる機会を作ったんです。そうすると車椅子って子どもにとってはおもしろい乗り物じゃないですか。そうしたら、「こいつはかわいそうな子じゃないんだ」って感じになったんです。

―― 一緒に楽しく過ごせる場があれば、子どもたちの中で差別は生まれないということでしょうか?

伊藤:子どもたちには壁とかそういうのが一切ないですからね。最初にも言いましたが、子どもたちに障がい者、健常者関係なく、一緒に遊べる環境をたくさん用意することができれば、彼らが大人になったとき、きっと素晴らしい社会を作ると思います。2020年に向けても、この子どもたちのエピソードはいいヒントになるかも知れないですね。

(つづく)

【プロフィール】
伊藤数子(いとう かずこ)
新潟県出身。NPO法人STANDの代表理事。2020年に向けて始動した「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」では顧問を務めている。2003年、電動車椅子サッカーのインターネット中継を企画、実施。それをきっかけにして障がい者スポーツと深く関わるようになった。現在、障がい者スポーツ競技大会のインターネット中継はもちろん、障がい者スポーツの楽しみ方、魅力を伝えるウェブサイト「挑戦者たち」でも編集長として自らの考えや、選手たちの思いを発信している。また、スポーツイベントや体験会を行なうなど、精力的に活動の場を広げ、2012年には「ようこそ、障害者スポーツへ」(廣済堂出版)」を出版した。

スポルティーバ●文 text by Sportiva