アギーレジャパンの今年最後の親善試合は、来年1月に開催されるアジアカップの開催国、オーストラリアとの対戦になる。

 オーストラリアと言えば、2006年ドイツW杯後にアジアサッカー連盟に加入して以来、W杯予選やアジアカップといったビッグコンペティションにおいて、日本のライバルとして存在してきた。

 2010年の南アフリカW杯アジア最終予選は日本の1分け1敗。2014年のブラジルW杯アジア最終予選では2分け。また、2007年のアジアカップ準々決勝では日本がPK戦の末に勝利し、2011年のアジアカップ決勝は延長戦にもつれ込むも、李忠成のゴールによって日本が勝利した。ハビエル・アギーレ監督にとってオーストラリアは、アジアのトップレベルを体感させてくれる格好の相手だと言える。

 ブラジルW杯メンバーを10人も先発させて大勝したホンジュラス戦後の会見で、指揮官は、「アジアカップに向けてのベースを見つけることができた」と胸を張った。さらに、「オーストラリア戦も同じ方向性で戦えれば、と思う」とも語っていることから、今回のオーストラリア戦では、10月のブラジル戦のように総入れ替えに近いメンバー変更はないだろう。経験豊富な選手たちの中に、柴崎岳や太田宏介ら数人の新顔を加え、アジアカップの前哨戦に挑むはずだ。

 ホンジュラス戦では、経験豊富な選手たちがもたらした「柔軟さ」や「適応力」が光った。

 遠藤保仁や長谷部誠、内田篤人など、「アギーレ流4-3-3」が初めての選手もいたのに、流動的にポジションを変え、テンポよくパスを回して押し込んだ。それでいて、相手が前掛かりになったときには、内田や長谷部がロングボールを放り込んで岡崎慎司に裏を狙わせたり、香川が大きなサイドチェンジで本田圭佑を走らせたりもした。

 ホンジュラス戦の前日に内田は、「システムとか、そういうことじゃないと思う。相手もあることだし、チームが変われば自分の役割も変わる。テスト色の濃い感じを受けているけど、選手はそんなの関係なく、勝ちにこだわったほうがいい」と語っていた。相手のコンディションやチーム状態を考慮する必要があるにせよ、そうした戦いができた点が、指揮官をして、「アジアカップに向けてのベースを見つけることができた」と言わしめた理由だろう。

 パスをつなぎながら、スピーディなアタックを仕掛けて来ようとしたホンジュラスとは異なり(多くの場面で日本がプレスの網に引っ掛けた)、オーストラリアはこれまでの対戦が示すように、ロングボールを放り込んでくることが予想される。

 タイプの異なる相手とどう戦うか−−。これが、オーストラリア戦のポイントだ。

 4-3-3を採用するアギーレジャパンにおいて、アンカーのポジションは攻守において重要なカギを握っているが、その役割ひとつ見ても異なってくる。

 ホンジュラス戦でアンカーを務めた長谷部は、リードしている展開だったこともあり、ディフェンスラインの前で防波堤となり、中央の守備を固めることが何よりも求められていた。

 だが、ロングボールを放り込まれる可能性の高いオーストラリア戦では、そうした仕事に加え、相手の1トップ(おそらく"日本キラー"の異名を取るティム・ケーヒル)との競り合いや、センターバックが競り合った後のこぼれ球を拾ったり、カバーしたりするタスクが一層重要となる。

 オーストラリア戦でのアンカーは、長谷部、もしくは今野泰幸が務めることになるだろう。だが、「競り合い」という点を重視すれば、9月シリーズに続いて森重真人のアンカー起用があってもいい。その際、吉田麻也のパートナーとしてセンターバックに塩谷司や昌子源を起用すれば、セットプレイにおいても、「高さ」を1枚多く確保できることになる。

 相手がパワープレイを連発してくれば、アンカーがディフェンスラインに入り、3バック(5バック)に変更して跳ね返す必要性も出てくる。チームの主戦システムは4-3-3だが、状況に応じてシステムを変化させるのも、指揮官が求める「柔軟な戦い」に必要なこと−−。アギーレ監督の選手起用法、ピッチ上での選手の判断にも注目したい。

 また、対戦相手に応じた戦い方だけでなく、試合展開に応じて戦い方に変化をもたせることも求めたい。ブラジルW杯で苦い思いを味わった彼らには、次のステップとして、それを求めてもいいはずだ。

「うまく行くときはいいけれど、うまく行かなかったときにどうするかが、重要だと思う」

 内田が課題を挙げれば、遠藤もそれを意識する。

「チーム作りの最初の段階として、『速い攻撃』というのがチームの狙いなので、そこは迷わずチャレンジすればいいと思うけど、90分間ハイペースを続けるのは難しいし、(アジアカップ開催地の)オーストラリアは暑いから、アジアカップのときはゆっくりというか、ボールをキープしなきゃいけない時間帯もある。自分たちがリードしていれば、なおさら、そういうことも考えながらプレイする必要がある。それも少し頭に入れながら、オーストラリア戦を戦いたい」

 今年最後の代表戦。"高さ"という際立つ特徴を持つオーストラリアに、アギーレジャパンはどのような"表情"を見せてくれるのか−−。望むのは、流麗なパスサッカーで相手を圧倒することではない。たとえ、ロングボールに苦戦したとしても、粘り強く、柔軟に戦い、勝ち切ることだ。

飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi