2014年11月17日、アメリカのアップル社と、中国銀聯が、共同提携協議を締結した。 
 中国銀聯は、中国金融機関が共同で設立した組織で、統一デビットカードである銀聯カードの発行を行っている。
 今後、中国の利用者は、App Storeにおける支払いにおいて、銀聯カードを利用可能となる。なお、これまでは、VISA、マスターカード、アメリカン・エキスプレスのカードのみ利用可能となっていた。

(China Press 2014:IT)