ベネッセの顧客情報流出事件 弁護士による提訴の社会的意義

ざっくり言うと

  • ベネッセ顧客情報流出で、被害者の金田万作弁護士が訴訟を11月末に起こす
  • 個人提訴を受け、企業の負担が大きくなり責任の重大さを考えられるという
  • 同社は被害者に金券などを送ったが、金田氏は「誠意が感じられない」と語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング