豪州相手の肉弾戦に意欲を示す豊田陽平「体を張り強みを出したい」

写真拡大

 日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2014のオーストラリア戦に向けた前日練習を行った。

 ホンジュラス戦で代表初ゴールを決めたサガン鳥栖の豊田陽平は、オーストラリアの印象を問われると「体が強くて、パワフルなチームかなってイメージはあります」と語ると、「僕が出たらそこに負けないように体を張ったりとか、あとは自分の強みをしっかり出して、ゴール前のところでってところを出せればいいかなと思います」と自身の強みを出しいくとコメント。「日本の国を背負って戦えれば、どこでも相手は特には気にはしてないですけど、強い相手だと思うので、機会があれば楽しみだなと思います」とオーストラリア戦を見据えている。

 ホンジュラス戦でゴールを決めたことについては「ゴールはゴールとしてすごく嬉しいですし、どんなゴールでもいいんですけど、やっとちょっと踏み出せたかなというところなので、そこまで大きな自信を得たというものではないと思う」とまだまだ満足していない様子を伺わせた。そして、「それを大きな自信に変えられるように、積み重ねて行けるようにやっていきたいと思います」とこれからの代表戦に意気込みを語った。

 日本代表にとって、今年最後の国際Aマッチとなるオーストラリア戦は、18日にヤンマースタジアム長居で行われる。