「自分の彼女には持ち合わせていてほしい」と期待する能力9パターン

写真拡大

多くの女性が彼氏に対して「頼りがい」や「高収入」を望むのと同じように、男性側にも、「彼女に期待している能力」があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性214名に聞いたアンケートを参考に、「『自分の彼女には持ち合わせていてほしい』と期待する能力9パターン」をご紹介します。

【1】いつも笑顔で話を聞き、心を癒してくれる「包容力」
「疲れているときに甘えさせてほしい」(20代男性)というように、自分の彼女に対して母性的な優しさを期待している男性は多いようです。人前で気を張って「男らしさ」を強調しているタイプほど、二人きりのときにはリラックスしたがる傾向があるかもしれません。

【2】面倒な人付き合いを愛想よくこなす「社交性」
「自分は苦手だから、うまくやってくれると助かる」(20代男性)というように、友人や親類とのコミュニケーションを彼女に頼りたがる男性もいるようです。カップル単位で出かけることが多いなら、彼氏の分まで愛想を振りまいてあげると感謝されそうです。

【3】カロリー計算や病気のフォローができる「体調管理能力」
「寝込んだときに看病してくれると心底うれしい」(20代男性)というように、日ごろから不摂生を自覚している男性は、彼女に健康面のサポートを望むことがあるようです。日頃から気遣いの言葉をかけてあげるだけでも喜ばれるでしょう。

【4】料理などの日々の生活を支える「家事全般のスキル」
「ここだけの話、今の家では一度も風呂掃除をしたことがありません!」(20代男性)というように、家事が一切できない男性は、ハウスキーピング全般について彼女をあてにしているかもしれません。手助けしてあげれば感謝されそうですが、最低限のことは本人にやらせて鍛える必要もあるでしょう。

【5】ムダ遣い防止や支出チェックなどの「金銭管理能力」
「俺の浪費グセをなんとかして」(20代男性)というように、自己管理能力に欠ける男性のなかには、彼女に「財布の紐を握ってほしい」と考える人もいるようです。「一緒に旅行に行くために10万円貯めよう」などと具体的な目標を決めて、貯金グセをつけさせると良さそうです。

【6】オシャレな服装をコーディネートしてくれる「ファッションセンス」
「似合う服を見立ててもらうのに憧れる」(10代男性)というように、自分のセンスに自信のない男性は、彼女にファッション面のアドバイスを期待しているようです。デートのついでに一緒に洋服を選んであげると、大喜びで着てくれそうです。

【7】デート費用を折半できる「安定した経済力」
「全部おごりは現実的にキツイ」(20代男性)というように、低収入でデート代の捻出にも苦しんでいる男性は、彼女にもある程度の収入を望んでいる可能性があります。たまには「ここは私に払わせて!」とワリカンを申し出るなど、負担を軽くする配慮をしてあげたいところです。

【8】週末のデートや旅行の計画を具体的に立ててくれる「企画力」
「自分で行きたいところを考えてくれる人だと楽」(20代男性)というように、細かい計画を立てて行動するのが苦手な男性は、彼女にリードしてもらいたがっているかもしれません。すべて相手任せにせず、「今週末はここに行きたい」と意見を小出しにしながら、上手に先導していきましょう。

【9】今さら人に聞けないことをサラリと教えてくれる「常識力」
「テーブルマナーとか、実はよくわかってない…」(20代男性)というように、経験と知識が不足している男性のなかには、彼女のさりげないフォローを待っている人もいるようです。謙虚に教えを乞う姿勢が見えるなら、こまめに指導してあげると喜ばれるでしょう。

身勝手な男性のワガママにも見えますが、恋人に「自分にない能力」を求めるのは、ある意味で自然なことです。できる範囲でお互い補い合うのが健全なカップルなのかもしれません。(呉 琢磨)

【調査概要】
期間:2014年7月1日から8日まで
対象:合計214名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査