©2014 nihon animator mihonichi, LLP.

写真拡大

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などを生み出してきたアニメ制作会社・カラーと「niconico」などを運営するドワンゴによる共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第3弾「ME!ME!ME!」の音楽制作に、トラックメイカーのTeddyLoidさん、女子ラッパーのdaokoさんが参加することが発表された。

11月17日(月)に放送された同プロジェクトの作品を振り返る番組「同トレス」にて発表されたもので、企画・原案・監督をつとめる吉崎響さんたっての希望で実現した。

作品は、11月21日(金)に配信される予定。

大反響のアニメ配信プロジェクト第3弾はアニメMV


「日本アニメ(ーター)見本市」は、日本のアニメーションの可能性を探るというコンセプトで、カラーとドワンゴが推進する共同プロジェクト。

すでに第1弾・第2弾の作品が配信され、そのクオリティと作風の幅の広さから、大きな反響を呼んでいる。

その注目の第3弾は、「TeddyLoid x daoko x スタジオカラーが贈るアニメーションミュージックビデオ」と銘打たれ、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のデザインワークスなどを手がけた吉崎響さんが監督を、『キルラキル』の原画などを手がけた井関修一さんがキャラクターデザインをつとめる。

音楽は、柴咲コウさんやDECO*27さんとのユニット・galaxias!のメンバーで、TVアニメ『パンティ&ストッキング with ガーターベルト』の楽曲を手がけてアニメシーンでも一躍知名度を高めたTeddyLoidさん。

そして、歌は、11月15日にプロダクション・LOW HIGH WHO?(ローハイフー)から脱退することが発表されたばかりのラッパー・daokoさん。

11月24日(月)には、daokoさんを除いた上記のクリエイターが出演し、作品制作を振り返る番組も放送される。