【ライブドア・ニュース 21日 東京】気象庁が21日午前4時40分に発表したところによると、上空の強い寒気の影響で、22日にかけ、北日本から東日本、中国地方にかけ、日本海側を中心に大雪のおそれがある。また、北日本と北陸を中心に広い範囲で風が強く、海上はしける見込だ。同庁は大雪、強風、高波に警戒が必要だと呼びかけている。

 同庁によると、日本の上空5500メートル付近にマイナス36度以下の強い寒気が流れ込んだため、強い冬型の気圧配置となっており、本州の日本海側を中心に雪が強く降っている。

 西日本では、21日午後から冬型の気圧配置が次第に弱まる見通しだが、北日本では、22日に新たな寒気が流れ込む見込みだ。このため、中国地方では21日昼頃にかけ、東日本と北日本の日本海側を中心とする地方では22日にかけて、大雪のおそれがある。

 22日6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも山沿いの多い所で、北海道、東北地方日本海側、関東・甲信地方北部で50〜60センチ、北陸地方と東海地方(岐阜県)で、30〜50センチ、近畿地方北部と中国地方で20〜30センチをそれぞれ見込んでいる。また、東海地方の西部の平野部でも多い所で5センチ前後の降雪となる予想。

 22日にかけて、北日本と北陸を中心に広い範囲で風が強く、最大風速は、陸上で12〜18メートル、海上や岬で15〜23メートル、波の高さは、日本海側の沿岸の海域では21日は5メートルの見込みだ。【了】

ライブドア・ニュース 小田光康記者